元旦から更新のないVegeLogですが、12月~2月に3回ほどオートキャンプ場に行ってきたので、久々にキャンプネタでも^^;

 

ここ1,2年はテントを張らずにコテージでキャンプもどきを楽しんでいます。

昨年12月にトレーラーハウスを使ってみたのがきっかけで、キャンプ熱が再燃。

久々にテントで寒い思いをしてみよう(ちがうか)ということに。

 

とりあえず、久々のテントなので備品と幕のチェックを兼ねて、デイキャンプへGO!

おりしも初雪の舞う中到着したのは、浜名湖の「渚園」にあるオートキャンプ場。

渚園キャンプ場パノラマ

ただただ広い芝生スペースにびっくり。

真冬&平日ということで、この広大なスペースを二人で貸し切りヽ(´ー` )ノ

 

渚園キャンプ場-常設テント

自動車を横付けできる区画エリアはお値段的にデイキャンプにはもったいないので、リヤカーを借りて物資を運搬。

常設の屋根があるスペースに陣を構えました。

上の写真一番奥、遥か彼方に見える建物の更に奥あたりに車があります(´・_・`)

 

とにかく寒いので焚き火で暖を取りましょう。

芝生なので焚き火台を使います。

ファイヤーグリル-ヘビーロストル

ファイヤーグリルにオプションのヘビーロストルを置いて…

ロゴス-ファイヤーライター

何やら頼もしい感じの着火剤、ロゴス・防水ファイアーライターを一欠片。

チャコスタとファイヤーライター

薪…というより角材を適当に詰め込んで、下からファイヤーライターに着火!

着火3分後

薪が乾燥しているので、3分も経つとこのように火柱をあげて燃え上がります。

炭を起こすために燃焼効率を高めるのが目的のチャコスタを使っているので、このままではあっという間に薪が燃え尽きてしまいます^^;

着火10分後ファイヤーグリルで焚き火開始

チャコスタから薪を取り出して焚き火台へ。

右はチャコスタ購入まで6年以上炭起こしで活躍した「火起こし達人」

焚き火を均して調理の準備

良い感じに熾き火になったところで、腹ごしらえの焼きそばタイム

ラウンドストーブを追加してキャベツを炒めるの図

途中で火力不足になってしまったので、ロゴスのエコ燃料、ラウンドストーブを追加。

ラウンドストーブ

着火1分で使用可能なのは魅力的ですが、備長炭などに比べると火力がイマイチなので、我が家的にはエマージェンシー用という感じ。

焼きそば完成

途中で使い捨ての焼きそばプレートが、熾火の火力に負けて燃えてしまうなどのトラブルはありましたが、なんとか美味しい焼きそばが完成( ̄¬ ̄)

 

腹ごしらえが終わった所で、再び暖をとるべく焚き火再開。

今度は100円ショップのステンレストレイ4枚とダブルクリップで作った自作の焚き火台を使って燃焼テスト

百均トレイ焚き火台

チープなことこの上なしな出来栄えですが、薪を入れて燃やしてみると…

百均トレイ焚き火台燃焼中

火柱が上がるほど豪快に燃えてくれました。

サイズがラーメン1個分の片手鍋にぴったりなので、次回は調理にも使ってみましょう。

 

そうこうしているうちに天候は回復して雲ひとつない青空。

晴天と渡り鳥

地面に現れたこの鳥たちの影でビビったのはないしょです^^;

 

さて、前置きが長くなりましたが、ここからがこのデイキャンプの本命。

しばらく車に積みっぱなしで眠っていたテントを張りますよー

 

我が家のテントは2005年に購入した小川キャンパルのティエラIIという大きなドームテントです。

現在はティエラ5というモデルになって発売されていますが、フレームが1本追加された程度で雰囲気はそれほど変わってません。

 

まずはテントを設営する場所に、スタンディングテープと呼ばれるベルトをはります。

テントの床面を決めるテープなので、向きや角度をきっちり決めてから設営開始~

 

四隅が決まったら中央に二本ベルトを渡します。

スタンディングテープ

散らかってるのはこれから使うペグ軍団^^;

ちょっと引っ張りすぎで歪んでるけど、本番ではまっすぐにしないと入口ファスナーが閉まらなくなったりするので要注意。

 

そうそう、今回はティエラの設営って一人で出来るのか?という実験も兼ねています。

仕事の都合で一人で昼間乗り込んで設営を終わらせて夕方合流→晩御飯、というキャンプスタイルも有りだろうということで。

 

床のテープは当然一人で出来ますが、ここからの骨組みが大変と予想。

なにしろ横幅3.1m、縦は5.6m、高さが2m以上とちょっとした車庫並みの大きさです。

しかもその骨組みがほぼ一体化しているという、一人では難儀そうな代物。

ティエラ骨組み1

やってみたら案外簡単に出来ちゃったの図。

中央を持ち上げてくれる係の人が居れば簡単な立ち上げも、一人だと骨がぐにゃぐにゃで結構大変ではありました。

こいつに、数本の骨組みを追加して…

ティエラ骨組み完成

骨組み完成~ヽ(´ー` )ノ

 

あとは巨大な幕をバサッと被せてペグダウン&ロープ張りで完了。

風がなかったので特に問題なく張れました。

ティエラ完成の図

久々に姿を見せたティエラII

ちょっとシワシワしてますが、やっぱりティエラはかっちょええ~(自画自賛)

ティエラ完成の図2

 

というわけで、プロジェクト「一人でできるもん」が完了したので昼ごはん。

ダッチオーブンは持ってないのでコンボクッカーで市販の冷凍ピザを焼いてみましょう。

pizza_1

クッカーの底に網を置いてさらにアルミホイルを敷いてからピザを載せ、チーズをアホみたいに増量(苦笑)

下火はほんの少しの炭火だけ。

残りの炭火は…

pizza_2

チャコスタに放り込んで、裏返してセットしたコンボクッカーの蓋の上に。

この上火で美味しく焼きあげる予定。

コンボクッカーの蓋はフライパンとしても使えるので、サイズさえ気に入ればダッチオーブンより便利だったりします。

 

待つこと15分(根拠なし)

pizza_3

(偶然)上手に焼けましたーヽ(´ー` )ノ

 

このあとはさっき建てたばかりのティエラを二人で撤収してデイキャンプ終了となりました。

 

 

渚園、広くて平らでお安くて、オフシーズンのフリーサイトとしてはかなり良い感じのキャンプ場でした。

コレでトイレが立派で洗い場でお湯が出たら完璧なんですが…

やっぱりプラス数百円でトイレ棟、炊事棟完備の竜洋にいっちゃうかな~

あっちはあっちでフリーサイトにかなり傾斜がついてるので、あまり好きじゃないんですが^^;

 

というわけで、ながーい記事になってしまいましたが、たまにはこんな記事も良いでしょう(苦笑)

別記事でキャンプ熱再燃のきっかけになったトレーラーハウスも紹介しちゃいましょうか。

 

 

タグ:
 

2 Responses to オートキャンプやってます

  1. まっく より:

    キャンプ記事待望してました♪
    これだけの規模を独占とか幸せですね!
    テントだと寒さはあまり関係なくて逆に快適だったりしますね^^

    ユニフレームの焚き火台は美しいなぁ。焼きそば美味しそうだなぁ〜!
    我が家のはもどきなので使い倒してユニフレームに買い替えたいです。
    (snowpeakのもいいけどフリマとかでゲットしない限り手が出ません…)

    「ひとりでできたもん」⇒「ぼくは当分無理だもん」ですね(笑)
    まだまだ構造が頭に入ってないので、デイ張りでもやって鍛錬を積まねば!

    次回記事が野菜なのか、3月キャンプになるのか謎ですが続編まってまーす!

    • Verander Talos より:

      次もキャンプだったりして(笑)
      ユニのファイアグリル、先日の2泊キャンプ前に2台目買っちゃいました。
      焚き火と炭火で使い分け、収納は1台分と変わらないので良い買い物だったかも。

      3月半ばには1泊して来たいと思ってます。
      フリーサイト+ピルツ+レインボーストーブ…になると良いなあ^^;

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ