FRESH_VEGE_01

定価ではちょっと試す気にならなかった「FRESH VEGE」(フレッシュ ベジ)がホームセンターで半値になっていたので、2個買ってみました。

半値でも2個かったら同じじゃないの?という野暮なツッコミはナシの方向で^^;

 

今回買ったのはスープセロリとレタス。

他にバジル、トマト、ルッコラあたりが見切られてました。

セロリは苦手なんですが、奥方の希望で強制的にチョイス(-_-;)

仕方ないので自分好みのレタスも購入した次第。

 

カップヌードルの大盛り?サイズのカップの中には、やけに白っぽい培養土と、小さなプラ鉢。

FRESH_VEGE_02

中身を取り出してみると、プラ鉢には給水用の不織布が貫通しております。

FRESH_VEGE_03

他に、培養土が穴から出ないようにプラ鉢の底に敷く不織布のシートと、鉢のサイズの割りには結構な量のタネ、そして説明書が入っています。

 

まずプラ鉢の底に鉢底石替わりの不織布を敷いて…

FRESH_VEGE_04

培養土をドバーっと…

FRESH_VEGE_05

不織布がずれてこぼれました┐(´ー`)┌

ドバーはダメ、ソーッといれませう。

FRESH_VEGE_06

 

スープセロリのタネはこんな感じ。

FRESH_VEGE_07

見切られたのはタネの寿命が原因かな?

 

取説には、培養土をいれたらたっぷり水やりをして底に溜まった水を一度捨てろ、と書かれてますが、ここで構造的欠陥を発見。

FRESH_VEGE_08

すっぽりハマったプラ鉢はどうあがいても取り出せません。

なのでこのままでは底に溜まった水を捨てられない…

試しに傾けてみたら培養土ごと流れでてくるし(´・ω・`)

 

とりあえずプラ鉢の内側にカッターナイフの先を軽く突き刺して引き抜きましたが、何か爪でもかかるような部分が無いと製品としてはどうなの?って感じではあります。

FRESH_VEGE_09

水を捨てて再度底にたまる程度に水やりをしたら、スープセロリのタネをばら蒔いて指先で軽く押さえて馴染ませます。

念の為に霧吹きをして種蒔き完了。

 

ミニセロリと同じ感じだったら1週間程度で発芽するハズなので、続きは1週間後かな?

レタス編はもう少し涼しくなったら始めまーす。

 

それにしても、これで1000円はやりすぎな気がしますね~

300円くらいだったらイロイロ買って並べてみてみたくなるかも。

 

構造的にはペットボトル水耕栽培やVegeLog式のペットボトルプランター↓と大差ないので、見た目を気にしなければ自作がイチバンですかね^^;

VegeLog流 ペットボトルプランターをつくるなう! – VegeLog

 

タグ:
 

4 Responses to 小さな底面給水鉢「FRESH VEGE」ハジメマシタ

  1. ユンイ より:

    へーっ,こんなの売ってるんですね。
    種の発芽率低下と共に値段も下がる仕組みですね(^^;
    でも1000円はねぇ…(ーー#

    底の透明部分にコケが生えて、汚くなるのが目に見えてますし、もう一工夫欲しいですね。
    あと謎の培養土が気になりますね。腐食布を通じて水を吸い上げ、培養土にも養液上がってくるんでしょうか?? 鉱物系培養土っぽかったので何度でも再利用できるようになってるのかなぁ?

    • Verander Talos より:

      そうなんです、やっぱり1000円はちょっとですよね~
      鉢が二重鉢に成型されてるとか、何か特別な加工がされてるならまあ好きずきで…と思うんですが、なんの工夫もありませんから^^;

      培養土は鹿沼土がメインになってる気がしますが、なにぶん園芸用土については詳しくないのであくまでも推測ということで。
      個人的には、この培養土に肥料分がどの程度あるのか気になります。

  2. yaefit1500 より:

    そうそう、コレ春先から東急ハンズにも売ってて、
    店のフロントにある平棚に並んでいたのだけど、
    値段を見て、「こ、これはバカ高すぎるっ!」と思っていました。
    ペットボトルで作れば、300円も出せば大量に作れるのに!
    (不織布+バーミキュライト+種をそれぞれ100円ショップで調達した場合)

    でも、気になっていたので、人柱になっていただいた(謎)&お久しぶりな
    Verander Talos さんに感謝!です。

    それにしても、一般には、水耕栽培はお金がかかる!
    というイメージがあるみたいで、
    いろんなボッタクリ商品が流通してますよね。。。悲

    • Verander Talos より:

      趣味に関してはコスト無視な私ですが、さすがに1個1000円は手が出ませんでした。
      やはり数が売れないから高くしないと利益が出ないんでしょうね~
      家庭向けの水耕栽培がもっとメジャーになれば…
      って、これ水耕じゃないから言い訳にならなかったりしますが(笑)

      装置はもちろんですが、お手軽な水耕専用肥料からして結構ボッタクリ価格なので、家庭菜園での水耕が一般化するのはもう少し先のことかもしれませんねえ(´・ω・`)

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ