クセがなくて湯通しするとワカメと見分けが付かなくなる葉っぱでお馴染み?の健康野菜「雲南百薬(うんなんひゃくやく)」をベランダで栽培しています。

2009年の1月に宮古島から取り寄せたムカゴから始まったVegeLogの雲南百薬栽培も3年目に入りました。

 

暖かくなると我がベランダでは手に負えない程成長する不織布鉢在住の親株はコチラ。

雲南百薬3年目の株元

防草シートで作った自作の不織布プランター+粒状培養土で栽培中。

不織布プランターについてはコチラの過去ログで紹介しています↓

不織布でプランター(のようなモノ)を作る 不織布でプランター(のようなモノ)を作る

 

今では鉢いっぱいに地下茎というかムカゴというか芋というか、まあ広がりまくって貫禄すらあるこの親株ですが、2009年1月に宮古島から届いたムカゴはこんなスモールサイズ。

200901 宮古島から取り寄せた雲南百薬のむかご

この中の1欠片が上の親株に成長したと思うと、あらためて植物って怖いなあと思いますね。良い意味で^^;

 

正直言うと今年は雲南百薬を栽培する予定は全く無かったんですよね。

昨シーズンに地上部を切り落としてから全く一度も手入れ無し、というか視界にすら入らずに先日まで放置していたのですが、気がついたら芽が出てもうこんなに育っていたという…

雲南百薬-透水シート鉢

ベランダの片隅から一等地に移して撮影。

鉢の中は地下茎や根でびっしりだと思うので、様子を見て植え替えも考えなきゃいけませんかね~

 

雲南百薬は成長すると葉の付け根などにムカゴと呼ばれる芋がつきます(食えます)

雲南百薬のむかご(小)

このムカゴや地下茎(食えます、山芋風?)の一部を折りとって土に埋めておくと根が出て芽が出てツルが伸びて…ベランダではあっという間にギブアップするほど成長します。

 

また、成長しているツルの先端を20cm程度切り落として水に挿しておくと、1週間もかからずにツルから根が出てくるので、簡単に挿し芽で増やすことも出来ます。

雲南百薬の挿し芽-発根

2009年5月の投稿より。

カットする位置は節でもツルの中間でも関係なく、何処からでも発根してくれました。

水中で芽まで出たりして…丈夫過ぎ(´・ω・`)

 

ちなみに、我が家のベランダ菜園では、10月になると花芽が出て成長が止まります。

雲南百薬の花

こちらも2009年の様子。

不勉強なのでアレですが、雲南百薬をタネから増やすという話は全く聞いたことがありません。

 

う~ん…シメに使おうと思っていた収穫適期の葉っぱの写真がない…写真取らずに食べちゃうからなあ…

食べるのが先かグリーンカーテンが先か┐(´ー`)┌

 

最後に、VegeLog(の前身ブログ)初登場の時にまとめてみた、雲南百薬についてのうんちくから。

雲南百薬のまとめ by  Verander Talos & Google先生(逆?)

和名:アカザカズラ=通称?:雲南百薬(うんなんひゃくやく)、オカワカメ、ツルアカザ

ツルムラサキ科のツル性多年草で南米熱帯地域原産。

学名:Anredera cordifolia (= Boussingaultia cordifolia, =B. basselloides )

漢名は藤三七(ふじみな)、台湾では川七(かわなな)と呼ばれることも多く、英名はマデイラカズラ(Madeira vine)というらしい。

マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅や ビタミンA(ベータカロチン)、葉酸等を豊富に含む健康野菜。

タグ:
 

2 Responses to 雲南百薬で緑のカーテン計画!?

  1. まっく より:

    不織布プランターの外側って苔が生えそうな感じですが、ピカピカですね〜。
    パワフルに育った雲南百薬の親株・・・根を洗い流してみたくなりませんか?(笑)
    雲南百薬は最もホットでナゥな我が家に自生させたい植物となりつつあります♪

    • Verander Talos より:

      側面は水キレが早くてコケる暇が内容ですね。
      ちょうど培養土の表面が苔むさないのと同じような感じでしょうか。
      ただ、水菜とかキュウリとか水大好きな野菜だと水はけ良すぎて枯らしちゃうかも^^;
      暖かい地方の庭などでは近隣への無差別テロになりかねませんので、お気をつけて~(笑)

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ