ちょっと時期が遅くなってから播いた青紫蘇が随分大きくなってきました。

このプランターだけは、水耕栽培ではありません^^;

そろそろ収穫してもいいかなー?
紫蘇のしょうゆ漬けか塩漬けにしておにぎりに巻いてみたい( ̄¬ ̄)

でも良く見ると葉っぱに穴がちらほらと…

近くの葉で犯人を発見!!


昨日の朝ニームオイルをまいたばかりなのに、美味そうにモリモリ食べて穴を拡大してました┐(´ー`)┌
ニーム以外は使いたくないし、バッタが食うより早く収穫するしか無さそうです。

この小さなバッタはこのあと…(自主規制)

タグ:
 

0 Responses to 青紫蘇 食い放題の危機

  1. さとし より:

    根っこから収穫ですか?
    葉っぱだけ収穫すると結構長く食べられますよ。うちの葉はなぜか、ただの葉っぱ;;味がないです><
    水耕栽培の実が出来ない原因は
    井戸水が酸性のせいかな??
    丈だけ伸びてorz サンゴカルシュウム
    入れてみようかな

  2. 忍者 より:

    家の紫蘇は自然栽培、何年経っているのか解りませんが、毎年発芽してくれます(種が勝手に出来ていますから)新芽の美味しい所を摘み取って食べています。
    直ぐに脇芽が大きくなり、紫蘇の林と化します。

  3. 通りすがり より:

    うちもオンブバッタが発生というか、近所からなだれ込んできて貪られてます。

    目の細かい防虫ネット辺りで防ぐしかないのですが、少しでも隙間があるともれなく養殖場に早代わり。

    もはや撃退するのを諦めました。

  4. Talos より:

    >>さとしさん
    さすがに根っこからは収穫しません(笑)
    直射日光を浴びすぎたり肥料が多すぎると風味が薄くなるらしいですね。
    水耕はトマトでしょうか?
    この時期暑すぎて開花しても着果しないのであきらめてますが、トマトトーンに頼ればあるいは…?

    >>忍者さん
    少しづつ収穫しようと思っても家の裏側なのでついつい忘れがちです^^;
    大きな葉は残しておいて、野菜売り場サイズの葉を選んで採ってしまうのも良いかもしれませんね。

    >>通りすがりさん
    バッタは小さいうちから機動力が高いので自分の家だけではどうにも防ぎきれませんね。
    イモムシやアブラーはニームオイルで対応できるようですが、バッタはダメでした。
    古い葉を選んで食べてくれるなら共存しても良いんですけどねえ…(´・ω・`)

    というわけで、またお暇な折にでも通りすがってください。

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ