焼きそば容器×2+フェルト製の毛管水耕栽培装置、というより底面給水装置と、端切れのフェルトで栽培中のサラダ壬生菜です。

 

粗末な設備の割には、それほど徒長もせずに本葉に移行したみたいなので…

壬生菜のフェルト栽培

 

一箇所一本に間引きました。

間引き後の壬生菜2

肥料は大塚化学の一液式水耕栽培用肥料・ベジタブルライフA(旧:GREEN・GREEN)を200倍で発芽後から使用中。

 

もうすぐフェルトに藻が発生してキモいことになるでしょう(-_-;)

土寄せがわりに何か培地を入れて隙間を埋めてやりたいんだけど、在庫がないのでもうしばらくこのまま…

 

 

蛍光灯棚の先住民、F1スイートバジルのバジリーナさんは、現在こんな状態。

バジリーナ

ひねったり折ったり、マル刈リータにされたり、蛍光灯焼けしたり、水枯れで干上がったりと、イロイロな目にあっております。

株元はすっかり木質化しておりますが、順調に再生中。

 

蛍光灯栽培でも充分香りも強く、残念な舌の我が家では、普通に屋外で栽培しているバジルとの違いは判りません┐(´ー`)┌

 

ついでに屋外で水耕栽培中のバジリーナ…をフォトショップの体験版でHDR合成した写真。

3-9_HDR

スマートバルブを内蔵したスマートポットという水耕栽培装置を使用してます。

何度か水切れをやらかしてしまい、下葉が情けないことに^^;

 

ああ、フォトショCS5の製品版欲しいなあ(´・ω・`)

タグ:
 

Comments are closed.

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ