ベランダの一角で地味~に栽培が続いているスイートバジル。
スマートバルブとゴミ箱、それにトレイを使って、Autopot社のハイドロパックと同じ仕様で作った自作水耕栽培装置で栽培しています。


伸びたら即収穫されてしまうので、このくらいが最大サイズ。
夏野菜の陰になって、あまり日当たりが良くなかったので、トマトやナスを撤収した先月末あたりから、大きくなり始めました。

まだ花穂は出てません。
ていうか、昨年は花が咲かないまま冬になってしまったんだけど…

 

さて、先月末にこのバジルから先端部分を切り取って、冬の室内栽培用に挿し芽をしました。

根っこ代わりの不織布と一緒に株元をスポンジで挟み、カフェラテカップにセットして1週間ほどLED下で水だけで栽培。


約1週間で根がちょろちょろっと伸びてきたので、水をハイポニカ500倍の養液に変えて、植物育成用蛍光灯の下に移動。

1週間でココまで伸びましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

カップの中はどうなってるかな?

綺麗な根が伸びてマース。

青いのは洗車用の拭き取りクロス(不織布)を切ったモノ。
根が伸びるまで代わりに水を吸い上げてくれてました。

そろそろ一回り大きな容器に換えないと、近日中に水切れ事件が発生する予感…^^;

タグ:
 

0 Responses to バジルの水耕栽培 スマートバルブとカフェラテカップ^^;

  1. 忍者 より:

    便利ですよね

    水耕栽培でバジルは必須でしょう。
    家では、もう無くてはならないアイテムで、連れ合いからは、冬の間も食べれるようにと、お願いが出ていますからね。

  2. Verander Talos より:

    >>忍者さん

    簡単に挿し芽で増やせるのが魅力ですね。
    自家製トマトソースには必需品ですし、レトルトパスタソースもちょっと本格的になります(笑)

  3. gardener より:

    結構マシーン?を使って栽培していますが、電気代とか結構いきます?
    ウチ、半日陰なので結構気になります。
    LEDくらいなら。。。

  4. Verander Talos より:

    >>gardenerさん

    LEDのマイプラントでしたらは17円/月らしいですが、これだけで収穫まで栽培するのはパワー不足でまず無理です^^;
    うちでは100%マイプラント(改)で収穫サイズまでいけたのは、20日わけぎだけです。
    植物育成蛍光灯の方は3灯で54Wありますので、マイプラントの電気代から換算すると573円/月くらいはかかってる模様です。

    ただ、レタス1株分程度でも既製の植物育成用LED照明を買うとなると2~3万円してしまいますので、かなり初期投資がかかりますね~
    自作できれば半分以下になると思いますが、私の知らない世界なので(苦笑)
    蛍光灯の方は3灯の器具込みで7~8千円くらいかな?
    アクアリウムショップで60cm水槽用のモノが入手出来ます。

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ