900mlのペットボトルを加工して作ったVegeLog式ペットボトル水耕栽培装置で、矮性ミニトマトのレジナエロー(レジナの黄色版)を水耕栽培しています。

 

虫が居ない(ハズの)不織布ドーム内で管理しているので、開花直後から、不定期にガサガサっと大雑把にデコピン攻撃を加えて受粉を助けています。

ミニトマトはズッキーニあたりと違って、受粉しやすいので楽チンですね~

ペットボトル水耕栽培のレジナエロー結実

先っちょが尖ってます。

数年前に栽培した時はこんな形のトマトだったかなあ(-_-;)

 

全体はこんな感じ。

レジナエローのペットボトル水耕栽培

混み混みですね~

トマトの姿がある程度増えてきたら、少し葉っぱを間引いて風通しをよくしてやった方が良さそう。

 

ペットボトル栽培(土耕)の株と、その間引き株を移植した水耕レジナエローは、開花はしていますが未だ着果確認出来ません。

ペットボトル水耕レジナエロー間引き株

祭りは未だか~ヽ( ´ ∇ ` )ノ

タグ:
 

Comments are closed.

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ