レジナ祭り(なにそれ)に参加しそこね無いように、レジナエロー第二弾を播いておきました。

 

今回はスポンジ培地4つ分。

2粒ずつ播いてみたら、全て発芽したので…

レジナエローx4

各ブロックの片方をピンセットでググッと押し込んじゃいました。

胚軸切断に近い影響があると思いますが、トマトだから大丈夫でしょう。

 

どれくらい成長に差が出るか、という個人的な興味だけで、余り意味のない行為です。

良い子は真似…しないよね(苦笑)

 

 

レジナ祭り参加表明中のレジナエロー4月25日発芽号は、こんな状態。

ペットボトル栽培・レジナエロー4月号

発芽から25日経過しています。

 

容器はVegeLog流ペットボトル栽培500mlバージョンになっています。

4→2株はサクっと間引いたんですが、そこから間引くに間引けなくて、2株のまま。

誰か、片方を間引く勇気を下さい。

 

 

ちなみに、右のギンギラギンが1日遅れのペットボトル水耕900mlバージョンですが、中が見える写真撮ってませんでした(つかえね~)

タグ:
 

4 Responses to レジナ(矮性ミニトマト) レジナエロー5月号発芽!

  1. ユンイ より:

    第2弾の種まきですか(’’? 流石!レジナ祭実行委員長はぬかりが無いですなぁー。
    しかし4月25日発芽号はここからの間引きは辛いですなー。
    大根ならすんなり間引くけどなぁ。
    このまま行くとどうなるんでしょうね? それも楽しみかな(^^?

    • Verander Talos より:

      4月号があまりにも小さい容器で始めちゃったので、今度は1.5か2リットルサイズのペットボトルにしてみようかな~と。
      あとは、牛乳パック栽培も1本やっとこうかな~と。

      控えも発芽したことだし、4月号は2株仕立てでいっちゃいますかー( ̄ー ̄)

  2. yaefit1500 より:

    すごい、着々と保険を育てていたのですね。

    レジナ4月号は、1本引き抜いて、別の場所に植え替えても、
    なんかちゃんと育つような気がします。

    我が家では、小寅ちゃん(これも矮性トマト)で、
    スポンジに育っていた2本を間引いたとき、
    ほとんど根っ子のないそれを砂培地に植え替えましたが、
    サイズの差こそあれ、元気に育ってますよー。

    • Verander Talos より:

      トマトって丈夫だから、チョキンとやって挿しとけばOKかもしれませんねー
      でも、端っこの方が育ちが良いから、1本間引くと端っこに1本になっちゃうのも気分的に許せなかったりして(苦笑)
      中央にペットボトルキャップで播き穴を付けてから播いたハズだったのに、培養土の粒がでっかいから水やりで流れちゃったんだなあ(-_-;)

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ