今回は、スポンジ苗から土耕に転換した三株とは別に、1株だけスポンジのまま育苗して、ペットボトル水耕栽培装置に定植した神楽南蛮のお話。

 

ちなみに、通称「裏の畑」に定植した3株のうち1株は既に風前の灯…

ベランダで慣らしたつもりだったけど、やっぱり地面に近いお外は厳しいんですかねえ。

 

 

ベランダに残ったペットボトル水耕栽培の神楽南蛮は、順調に成長を続けています。

この成長の速さは水耕ならでは。

ペットボトル水耕栽培の神楽南蛮2

ペットボトルでこの速度ですから、機能的に作った水耕栽培装置なら、もっと早く大きくなるんでしょうね~

誰か作って下さい、私に。

 

このペットボトル水耕栽培で使っている支柱は、ダンポール(ダン「ボ」ールじゃないよ)という、トンネル支柱に使う曲げても曲げてもまっすぐに戻るスグレモノの支柱。

そいつをペンチでブチっと適当な長さにカットして使っています。

 

ペットボトルに支柱を簡単に立てられる方法を見つけたのですが、どうも汎用性が無いようなので公開は先送りに^^;

 

 

というわけで、横からの全体像と、タイトルに書いた花芽の様子を…

神楽南蛮のペットボトル水耕栽培 神楽南蛮の花芽

花芽が下を向いてきました。

あとは開花を待つばかり…といっても、一番花は結実したら株に負担がかからないよう、早々にもいでしまう予定です。

ただ、それまでに病害虫などで上の様子が急変したら、そのまま一番花を収穫サイズまで育てるかも。

 

 

周囲のアブラナ科を全て防虫ネットや不織布帽子で覆っているので、この神楽南蛮がアブラーの総攻撃にあっています。

 

裏返して輪っかにしたテープと、水のスプレーと、最終兵器のオレート液剤を装備して日夜アブラー軍団と激しい攻防を繰り広げております。

 

攻防…うそです。

一方的にやれてます。

もう負けそうです(´・ω・`)

タグ:
 

Comments are closed.

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ