ズッキーニをベランダのハイドロパックキットに、神楽南蛮は裏の畑(菜園プランター)に、それぞれ定植しました。

今回はスマートバルブについてくどくどと思いつくまま書いてますので、内部構造に興味の無い方は、冒頭部分と写真だけみていただくと調度良いかと思います(笑)

 

 

神楽南蛮は4月頭からなので、ちょうど1ヶ月の育苗期間。

ズッキーニの育苗期間は発芽から15日間。

天候も良くなってきたせいか、あっというまの定植です。

 

 

裏の畑に行った神楽南蛮は、大きな変化が無い限り、この先登場することはないと思います。

なんせなんで、滅多に私自身見に行かないと言う…┐(´ー`)┌

 

 

というわけで、ベランダ菜園の半分を占める予定のズッキーニ兄弟。

定植先はオーストラリア製のスマートバルブ式水耕栽培装置=ハイドロパックキットです。

ハイドロパックキット

培地を使うタイプの栽培装置で、バーミキュライトとパーライトの混合培地を使っています。

混合培地の配合比率はVegeLogオリジナル=てきとう( ̄ー ̄)

半々よりもパーライトがちょっと少ないくらいです。

 

真ん中に写っているのが、この栽培装置の心臓部、スマートバルブです。

久々にスマートバルブの働きを紹介しましょうか。

 

空の栽培装置と室内に設置した養液タンクを繋ぐと、フロートが二つ組み合わさったややこしい構造のスマートバルブが、動力を使わずに栽培装置内の養液レベルを3cmにしてくれます。

 

バルブは通常のフロートバルブのように養液レベルを保つ働きはせずに、深さ3cm程まで給水すると完全に給水を停止します。

 

二つの栽培槽が養液を吸い上げ、栽培装置内の養液がほぼ空になると、おもむろに3cmまで養液を補充して、また止まります。

ズッキーニ定植(4月14日播き)

二つの栽培槽は9号円鉢程度のサイズ。

ポット苗の培養土ごと植えつけてしまうと言う、大雑把な感じがいかにもオージーです。

 

混合培地が軽いので、定植後に表面をハイドロコーンで覆っています。

白いのは防根透水シート、根がバルブの働きを妨げない様にコンテナ内に敷いています。

 

 

このように、スマートバルブが養液レベルを3cm→0cm→3cm…と勝手に繰り返してくれるため、培地内が加湿になって根腐れする心配がありません。

 

また、ほぼ完全に消費されてから室内のタンクからベストな状態の養液が栽培装置に送られるので、雨水浸入時以外はバランスの崩れた廃液が出る心配もありません。

あまり好きな言葉ではありませんが、いわゆるエコです(笑)

ズッキーニ兄

 

長期栽培では混合培地内に養分が蓄積する懸念がありますが、そこは屋根なしベランダ菜園、不定期に降る雨が良い感じに洗い流してくれます。

なんて、実際はハウス内で普通に使用されてますので、一作中にこの点で問題が出ることは無いようです。

 

大雨のあと、灯油ポンプなどでタンク内に貯まった雨水混じりの養液を排水してやれば、またバルブが作動して室内から養液が送られてきます。

 

ズッキーニ弟

養液タンクは室内に置いて有り、高低差を利用してスマートバルブに送られています。

10リットルの小さなポリタンクですが、室内設置なので大物野菜でも水やりは楽ちんです。

 

 

というわけで、今回はスマートバルブに付いてクドクドと書きながら、ズッキーニ兄弟定植の様子をお届けしました。

 

 

そうそう、SmartValve周辺には、AQUAValveという全く同じ機能で形だけ違うバルブが存在します。

こちらはイギリス製みたい。

 

キットの構成も、我が家の丸型が角形になった程度でほぼ同じ。

というか、最近では検索かけるとAQUAValveの方が目につきます。

 

どちらもAutopotを名乗っています。

SmartValveも以前はAQUAValveと同じ形をしていたようですが、後にMK2として今の形になっています。

何か裏でドロドロとした大人の事情が渦巻いているのでしょうか??

あ、無理に裏側をドロドロさせなくても良かったですか(笑)

 

あまり深く詮索すると、ある日突然、玄関に黒い服を来た人たちが現れそうなので、この辺でやめておきましょう。

いずれにしても、国内の流通ルートが整っていないのが残念です。

タグ:
 

2 Responses to ズッキーニをハイドロパックキットに、神楽南蛮は裏の畑に…

  1. まっく より:

    なんとも魅力的な装置なのは間違いない^^
    先生!覆ってる白い布の構造が詳しく見てみたいです!

    • Verander Talos より:

      防根透水シートは根が装置内に侵入しないよう、丸コンテナ内に袋状に敷いてるだけですよー
      元々は底と同じ大きさの丸い防草シートみたいなのが入ってたんですが、隙間から根が出てくるので、こいつにしました。
      あちら語ですが、PDFが見られます→ http://bit.ly/9ZYOLx

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ