道具箱とスタイロフォームで出来た水耕栽培容器で栽培中の空芯菜、今朝の様子。

体温に近い気温の中、すくすくと成長中です。
IMGP2787_kusinsai.jpg
ちょっと小さい画像で判り難いけど、1〜2cmの本葉が出始めました。

容器の中はどうなってるかな?
IMGP2795_kusinsai_ne.jpg
分岐が増えて根っこらしくなってきました。

右側のコードは鑑賞魚用のデジタル水温計から伸びたセンサー。
昨日〜今日の最低液温は26.5℃、最高は29.9℃でした。

25℃以下程度が理想らしいけど、夜も気温が25℃を切らないこの時期、不可能な数値です(´・ω・`)

タグ:
 

0 Responses to 空芯菜の水耕栽培日記

  1. さとし より:

    久々にブログを更新
    トマトはやっぱりハウスです;;
    毎日液肥20L
    その割になりません。いつになったらと思います。

    大きくしたつもりですが、
    水の循環が悪い用で
    改良の余地有りです。(当たり前ですが)

    菜っ葉類もやってみたいですね^^

  2. ann より:

    タロスさん、こんにちはー。
    相変わらず怪しげな実験農場をされてますね。
    空芯菜ってナニ〜?どうやって食べるの?
    そもそも、葉っぱを食べるのか、実がなったりするのか、それもわからないわあ。
    期待してますね。

    シシリアンルージュもまだ現役なんですね。
    台風で折れた、と言う記事を読んだので、その後どうされたかな、と思ってましたが。
    トマトって丈夫ですね。
    ウチのトマトたちも、台風でぽっきり二つ折りになってるんですが、それでもまだ実をならしてますもん。
    豚肉とトマトのオリーブ油焼き、どうでした?まだ?
    調理用トマトって、生食では酸っぱいんですか?
    加熱すると味がよくなるの?教えてねん。

  3. Verander Talos より:

    >>さとしさん
    おひさでーす。
    ほんと、水耕&トマトは屋根がほしいですね〜。
    葉菜類は虫との闘いになるかも(汗)

  4. Verander Talos より:

    >>annさん
    空芯菜の詳細はこちらを見ていただくとして^^;
    http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=%E7%A9%BA%E8%8A%AF%E8%8F%9C
    簡単に言うと野菜炒めにぴったりな、夏場では貴重な葉物野菜です。
    若い茎(シャキシャキ系)と葉っぱを食べます。

    シシリアンルージュは、生ではお世辞にも美味しいとは言えませんね〜。
    甘みは少ないし、肉厚で硬めで水分が少ない感じ。
    でも加熱すると、口の中でとろけるような食感、味も濃厚で美味しいんです。
    フードプロセッサーやジューサーにかけてから濾して煮詰めると絶品トマトソースになりますよー。
    オリーブオイルとの相性も最高です。
    肉巻きは前日のコメントにも書いたけど、大成功でした。
    もう普通のミニトマトには戻れません(笑)

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ