神楽南蛮は、旧山古志村の伝統唐辛子。

小さなかぼちゃのような容姿が特徴的で、マイルドな辛さと肉厚の実が美味しい唐辛子です。

完熟神楽南蛮

写真は2006年9月、我が家のベランダで採れた真っ赤に完熟した神楽南蛮です。

 

顔色の悪い神楽南蛮の苗

昨年までは数年前に現地で入手した神楽南蛮を分けていただいて実生で維持していましたが、今年は種苗メーカーが種を流通にのせてくれたくれたので、購入したタネから神楽南蛮をスポンジで育苗しています。

というわけで…

←この4月10日に本葉の緑が薄くて顔色が悪いと言う記事を投稿した神楽南蛮のスポンジ苗。

 

 

大塚化学の水耕栽培用肥料GREEN・GREENの希釈倍率を既定値にした4日経過…

顔色復活・神楽南蛮苗

みるみる顔色が良くなりました~ヽ( ´ ∇ ` )ノ

 

本葉も増えてきてやる気満々。

はやいとこ移植先を見つけてやらないと、スポンジでは厳しくなってきました。

※現在は植物育成用蛍光灯下での室内栽培です。

 

一株だけ水耕にして、残りは再生した裏の畑(菜園プランター&培養土)にでも植えてみようかな?

タグ:
 

Comments are closed.

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ