ラリーノは房成りの可愛いミニキュウリ。

タネ購入時と昨日のツイッターでも紹介していますがこんなタネ袋に入ってます。

タネ袋3種

細身でキュウリをそのまま縮小したようなお姿が素敵です。

 

ちなみに、去年水耕栽培したミニキュウリのミニQは…

imgp2395_miniq_1st[1]

太マッチョ!

ミニQは、長さはミニでも太さは普通のきゅうり並なので、ずんぐりコロコロしてます(笑)

 

ミニQは昨年しつこくチャレンジしてなんとか収穫出来たので、今年は別品種を、ということでラリーノに決定した次第。

ミニキュウリと言えども、草体自体のサイズは普通のキュウリとあまり変わらないので、ミニにこだわることも無いんだけど、あのタネ袋の房成り写真をみてしまうとね~(-_-;)

 

ちなみに、タネはお高い部類なんだけど10粒しか入ってません。

【キュウリ】 神田交配 ラリーノ [春まき野菜のタネ]

ステビアといいコレといい…(#^ω^)ビキビキ

 

ラリーノのタネまきは、先日から空回しを続けて様子を見ていた自作Ebb&Flow式水耕栽培装置2010モデル(長い…)に、直播です。

といっても、中がPot式なので実質Pot播きですけど^^;

 

ベランダの一等地に設置した水耕栽培装置↓

ラリーノのタネを播いたEbb&Flow水耕栽培装置

培地は防根透水シートを熱溶着して作ったオリジナルの遮根袋にハイドロコーンを詰めてます。

明らかに根域が狭そうですが、根詰まりで成長が悪くなったら撤収して新たに蒔き直す事にして、コレでいっちゃいます。

長期栽培を狙ってもウドンコの呪いで早期撤退が毎年恒例行事なので、小さく何回転かさせる作戦です。

 

うそです。

本当は装置の短方向と同じ大きさのPotにするハズだったんだけど、テキトーに作ったら小さすぎたわけで…

 

 

この水耕栽培装置は、普段はPotが置かれてるだけ(Ebb:干潮状態)ですが、24時間タイマーとポンプよって一日に何度か養液が一定の水位まで上がってきて、Potが半分位水没=腰水(こしみず)=Flow(満潮)状態になる水耕栽培装置です。

 

これが満潮時の水位。

Flow状態

この排水用のホースが下段に養液タンクに繋がっていて、満潮時は反対側の出水口から揚がった養液がここからタンクに落ちて循環しています。

養液タンク内は循環用の一日数回起動する水中ポンプの他に、24時間営業(?)でぶくぶくエアレーションしています。

 

この栽培方法は、引き潮状態が長いので酸素供給量が非常に多い半面、培地を使うので根に掛かる物理的なストレスは、かなり多めでしょうか?

まあ、動作原理の上っ面だけいただいて自己流ででっち上げるのがVegeLog流、ということで、細かいことはお好きな方にお任せしましょう(笑)

 

タネまき部分はロックウールキューブを埋め込んでみました、気分で┐(‘ー`;)┌

 

 

そうそう、この手の衣装ケース的な素材は、紫外線劣化が激しいんですよね~

多分1年で触ると崩れるほどボロボロになりますねʅ(◞‸◟)ʃ

色つきの工具箱みたいな素材だったら良かったのになあ。

タグ:
 

11 Responses to ミニキュウリ ラリーノのタネを播いたよ!

  1. […] This post was mentioned on Twitter by VegeLogBot, Verander Talos. Verander Talos said: (VegeLog): ミニキュウリ ラリーノのタネを播いたよ! http://www.tetsukaz.com/archives/7955 […]

  2. ユンイ より:

    いよいよラリーノ栽培スタートですね。
    いきなり3株栽培なんでしょうか(^^? すごい収穫量になりそう(^^!
    たくさん採れたらピクルスかなぁ…。

    ところで、防根透水シートの熱溶着に興味があります。シーラーでくっつけたんでしょうか(^^?

    • Verander Talos より:

      3株だけど、適当な長さまで伸びたら早期撤収して蒔き直す予定なので、収量は1株並あれば良いくらいかと思ってます。

      溶着は、以前VegeLogでも紹介した、刃渡り(意味不明)30cmの分離式シーラーをゲットして使ってます。
      http://www.tetsukaz.com/archives/725
      東洋紡の防根透水シートは不織布じゃないのですが、素材がポリエステルなのでうまい具合に溶けてくれて綺麗に止まりました( ̄ー ̄)
      ミシンじゃ何度折り返しても根が出てくるという実験結果が何かの特許に書かれてたので、溶着にしていまーす。

      • ユンイ より:

        あ、マジで早期撤収して蒔き直すんですね(^^;;
        トマトで云うところの低段密植栽培ですね。

        溶着はあの大きなシーラーでされたんですね。防根シートとシーラー、最強だなぁ。いろいろ楽しめそうですね(^^)

        • Verander Talos より:

          我が家の水耕本によると、室内水耕トマトだと1段で止めちゃう強引な手法も有るようで^^;
          ベランダで横幅だけはそこそこあるので、良さそうな株は出来るだけ横にのばして、残りを早めに撤収して交代、、、という感じですかね~

  3. yaefit1500 より:

    ラリーノ、素敵すぎ(目がハート)です♪
    近所のホームセンターにはなかったので、ネット購入を検討中です

    • Verander Talos より:

      ツイッターで購入報告みましたよ~(笑)
      房なり目指して頑張りましょー

  4. Naomi より:

    やっぱり良いなぁ、東洋紡のシート…
    という訳で、日本農業システムさんに「切り売りしてください」とメールしてみちゃいました(笑)
    今ごろ、「変なメールが来た」と面倒がられてると思います (^_^;

    • Verander Talos より:

      断られたら、ロールごと大人買いして下さい(笑)
      我が家の在庫も、やろうと思えば希望者におすそ分け出来るんですが、タネと違って大きくなるので発送がネックですね~

      • Naomi より:

        早速お返事いただいたんですが、やっぱりダメでした〜(^_^;
        クリスマスのECメータに続いて、誕生日にロールですかね(笑)

        • Verander Talos より:

          メーカーから取り寄せみたいだから、切り売りは難しいでしょうねー
          私は誕生日に給水用のジャームガード大人買いを狙っています(笑)

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ