Twitterでもつぶやいてますが、裏の畑(家の北側にある菜園プランター一つ)を耕してきました。

 

とりあえず、前作のスティックセニョールの根をブチブチ取り出して、熊手の小さいのでガシガシ耕耘。

続いてHYPONeXの土のリサイクル材をふりかけて全体をマゼマゼしつつ残った根をとりとり。

次に、水はけが悪くなっていたので、パーライトをドバっと投入して、再度底までマゼマゼ根っこトリトリまぜまぜとりとり混ぜ混ぜ取り取り…

 

なんせ裏の畑と言うくらいですから、菜園プランター分のスペースしか無く、土を広げる場所もないわけで。

40リットル程度の土とは言え、全てプランター内で、しかも小さなシャベル&100円の熊手で作業するので結構な力仕事でした。

右腕ダルダル(-_-;)

さて、すぐにでも植えられると言うリサイクル材なので、もうウズウズしてるわけですが、何を植えるか決まってないんですよね~

 

前作のスティックセニョールが良い感じに育ったので、半日陰の北側と言えども午前中の日差しで案外何でも育つ予感。

アブラナ科→シソ科→アブラナ科、と来ちゃったので連作障害的にアブラナ科はもうやめた方が良さそうですね。

シソは連作障害が無いと言うし、こぼれ種がアチコチから発芽してたけど、バッタのメッカになってしまうので、今年はパス。

比較的放置出来る感じのにんにくとかやってみたいけど時期が違うか(´・ω・`)

ホームセンターにボチボチ野菜苗が出てきたので、次の休みは苗探しが楽しみだー

 

ところで、ハイポネックスって何故「e」だけ小さいの?教えてHYPONeX~

タグ:
 

4 Responses to 裏の畑を耕すのだ!の巻

  1. […] This post was mentioned on Twitter by VegeLogBot and VegeLogBot, Verander Talos. Verander Talos said: (VegeLog): Twitterでもつぶやいてますが、裏の畑(家の北側にある菜園プランター一つ)を… http://www.tetsukaz.co […]

    • Verander Talos より:

      トラックバックなんて滅多にこないから、コレもスパムかと思って調てみたら、Topsyってツイッターに特化した面白いサーチエンジンなんですねえ。
      ツイッター共々気にかけておいた方が良さそうなサービスです。

  2. 黒潮丸 より:

    連作障害対策に熱水消毒が有効です。
    圃場で行う場合は大型の機器が必要ですが、プランターならヤカンのお湯で充分です。2度くらいかけて下さい。
    もちろん消毒だけでは済みません。不足養分の補充が必要です。

    詳しくは私のサイト<花の連作障害対策>をご覧下さい。
    http://www.pcc-gardendesign.net/

    • Verander Talos より:

      コメントありがとうございます。
      ちょっとスパムコメントが多くて、発見が遅れました、すみません。

      熱水消毒はよく見かける手法ですよね。
      私の場合、水耕栽培の培地は鍋でぐつぐつ煮込んでますが(笑)

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ