ツイッターーではつぶやき済みなんですが…

直径7cmx長さ20cmくらいになるミニ大根の「ころ愛」の栽培を、よりによってプラコップで始めちゃいました。

 

一応大きめのプラコップで直径は85mm深さは13cmくらいあります…って深さが最初から足りてない(苦笑)

ミニ大根ころ愛のコップ栽培

うわあ、本当にコップだし┐(‘ー`;)┌

大根を支持する予定の素材は、観賞魚用のろ過マットです。

深さが足りないので、半分は地際から上で太ることにしてもらいましょう。

 

このコップ、実は二重になってまして…

二重コップ栽培容器

内側のコップの底とその周辺に穴が開いてます。

黄いろく見えるのは初期給水用の不織布(レーヨン製のカウンタークロス)で、すぐに溶ける素材ですが根が伸びたら用無しなのでOK.

この不織布は二つ折りで上端近くまで伸びており、そこにころ愛のタネを挟むように3粒程播いて発芽させています。

一粒すでに棄権してるけど(´・ω・`)

 

内コップの底に穴があるので、外側のコップに養液を入れて重ねることで、ひとつのコップと同じ状態になります。

なんでこんな無駄な事を?

コップ1個で良いじゃん。

エコじゃないじゃん。

 

え~と…

ちょっと、言い訳を考えるので待ってね…

 

 

VegeLogの過去ログを眺めていて、ふと疑問がわきまして…

常時養液につかると大根が太らないのは確実っぽいけど、時々しか浸からないEbb&Flowではどうなるのかな~?という。

そんなわけで、このコップは、Ebb&Flow水耕栽培装置にセットする予定だったんです。

それでコップに穴をあけちゃったんだけど、しばらく天気が悪くて徒長大会になりそうなので、急遽二重コップマニュアル給水方式にして蛍光灯棚へ設置したと言うわけです。

 

まあ面倒なことはあさっての方にでも置いといて、次回、「あのコップ栽培のころ愛がこんな事に!」の巻にご期待下さい。

多分タイトル忘れてるけどね(笑)

【ダイコン】 サカタ ころ愛 [春まき野菜のタネ]

タグ:
 

One Response to ミニ大根「ころ愛」をコップで栽培…出来るかな?

  1. Naomi より:

    コップですかー!うわーやられた(笑)
    もうこれ以上、お手軽な大根栽培って、無いですよコレは(*⌒O⌒*)
    コップ大根、むちゃくちゃ楽しみです!!

    • Verander Talos より:

      今のところ、余り徒長せずに本葉が見えてきたので、ちょっと期待しちゃってます( ̄▽ ̄)
      二十日大根より大きくなれば良いなあ…

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ