寒~いベランダに追いやられて、地味な成長を余儀なくされていたペットボトル水耕栽培のコスレタス。

室内の蛍光灯ラックに残された兄弟たちは、すでに跡形もなく撤収済み。

 

殆ど成長していなかったんですが、このところの暖気で一気に葉の枚数を増やしております。

ペットボトル水耕栽培のコスレタス 

コスレタスの外葉かきとり収穫はしない派なので、このまま半結球することを祈りつつ、なまあたたかく見守りたいと思いま~す。

ハモグリに狙われそうだから、はやいところ巻いておくれー

 

栽培方法は、VegeLog式の簡単ペットボトル水耕栽培で、本葉1~2枚程度のスポンジ苗をキャップの部分に押し込んだだけ。

あまりに厳しい環境においやってしまったので、せめて根の呼吸くらい贅沢させてあげようということで、エアポンプでぶくぶくエアレーションしております。

そのおかげか、根っこは綺麗で…

ペットボトル水耕レタスの根

青いのは遮光と断熱を兼ねた、アウトドア用の断熱レジャーマットの厚いタイプ。

肥料は大塚化学のGREEN・GREENを200倍で。

 

送気にはスリムチューブという2mm程度の極細エアチューブを使っています。

このチューブだと、穴あけなどせずに無加工のままペットボトルの間に挟むように通しても、潰れることなく手軽に使えて◎

 

チューブの先には安物のエアーストーンをつけてます。

ストーンとプラスチックの接続部分が養液にやられて劣化してしまうので、使い捨てと思った方がよさげです。

一作終えて、チューブからエアストーンを外そうとすると、毎回石の部分だけボロっと…(´・ω・`)

タグ:
 

Comments are closed.

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ