毎シーズン初心に帰ってしまい、何年経っても前進しないVegeLogです( ̄ー ̄)

しかも、にわかツイッターかぶれです、なう(笑)

 

今年も菜園シーズンが近づいて参りました。

家庭菜園、ベランダ菜園の野菜づくり入門に、2リットルのペットボトルをプランターに見立てて、市販の培養土を使ったペットボトル栽培なんていかがでしょうか?

 

野菜の栽培に興味が有るんだけど、場所も無いし、最初からあまりお金も掛けたくない、とりあえずチョコっと省スペースで始めてみたいなあ…、なんていう方にはペットボトル栽培がぴったりです。

VegeLogではペットボトルの底に穴を開け無いので、窓際など日当たりの良い室内でのペットボトル栽培も可能です。

 

ペットボトルプランター完成 というわけで、こちらがVegeLog流ペットボトル栽培に使用するペットボトルプランターの完成写真。

 

ペットボトルプランター作りに使う資材は、小袋販売でも100円くらいの培養土1~2リットルと、2リットルのペットボトルだけ。

 

道具は、ハサミとカッターナイフ、ビニールテープがあれば完璧です。

 

仕上げにこだわる貴方は、最後にペットボトルを覆うおしゃれな布や包装紙等を、お好みで。

 

 

では早速ペットボトルプランターを作っていきましょ~

 

まずは写真のあたりで、ペットボトルを上下に切り離します。

カッターで穴をあけてから、ハサミで一周カットすると綺麗で安全にカット出来ます。

 

ペットボトルの切断面は意外と鋭利になっていますので、ビニールテープ等で覆っておくと安心です。

 

 

次に、切り離したペットボトルの上部を、放射状にざくざくとハサミで切り込んでしまいます。

ペットボトル上部を放射状にカット

ざっくりと10等分くらいに…

ペットボトルの上部を放射状にカット2

放射状にカットした部分を広げるように折り曲げて、平たくなる方向にめいっぱい広げたクセを付けてから、飲み口を下にしてペットボトル内に落としこみます。

 

底までしっかり落としこむと、放射状にカットした部分が大きな隙間にならない程度に上手く収まると思います。

妙な方向に折れ曲がってると、土を入れたときにコボレ落ちてしまうので、要確認。

 

この放射状のスリットVegeLog流ペットボトル栽培のキモで、スリットが通気性を確保してくれるので、ボトルの底に水がたまって飲み口部分が水没しても根腐れしにくくなる、という仕掛けです。

な~んて、実はスリット無しでも案外育つんですが、まあ、気持ち育ちが良いよ、と言うことで(笑)

 

ペットボトルの底の形状を見てみると…

ペットボトルの底

この底の放射状の凸凹模様が、排水&吸水用の隙間になるので、この凹凸の無いボトルは避けた方が無難です。

どうしても凹凸のないペットボトルで栽培したい場合は、飲み口部分に吸水性の良い不織布などたらしてからセットすると、程よく隙間が開き、水が出入できるのでGOOD.

 

 

外側のペットボトルの側面には換気孔兼排水孔として、ペットボトルの底から5cm程度上(=スリット上端よりも下)のところに穴を2箇所ほどあけておきます。

 

雨水の浸入や大雑把な水やりをしても、この孔以上水位が上がらないので、スリット部分の通気が確保され、水没による根腐れの恐れを軽減してくれます。

 

また、一般的なペットボトル栽培容器のように、ペットボトルの底に排水穴を開け無いので、水の量さえ気をつければ室内の窓際などでもこのままペットボトル栽培が可能です。

といっても側面を伝ってきた滴が、この通気孔から出てくる事がありますので、敷物くらいは…ね^^;

 

 

ペットボトルプランター完成ココまで出来たら、あとは培養土を上から3cm程度まで充填して、たっぷりと水やりしたら出来上がり~ヽ( ´ ∇ ` )ノ

 

ペットボトル栽培では、水はけの良い培養土の使用をオススメします。

具体的には、上からかけた水が表面に貯まることなく、スッと底まで染み渡るような土が理想です。

古土の再利用などで、水はけがイマイチな場合は、パーライトを一握り程度(土質により加減する)混ぜてあげると水はけが改善されます。

 

ここまで出来たら、あとはそのままタネを播いてもよし、穴をあけて苗を移植してもよいでしょう。

※タネまきの前に、たっぷりの水やりを忘れずに~

 

日々の水やりは、セオリー通り培養土が乾燥してきたら、下から水が出てくるまでたっぷりと。

水やりで貯まった水は毛管作用で吸い上げられて勝手に消費されます。

ペットボトルの底に貯まった水が気になる場合は、ペットボトルを傾けて側面の通気穴から排水してもOKですが、傾けすぎて野菜ごと培養土をこぼさないように注意して下さいね(はい、もちろんやりましたとも)

 

 

追肥は一般的な栽培同様、上から化成肥料ひとつまみ程度を適宜与えるか、1~2週間に一度、1000倍程度の液肥を水やり替わりにたっぷり与えると良いでしょう。

肥料の必要量は野菜の種類、育ち具合によって全く違いますので、野菜のご機嫌を伺いつつ、臨機応変に与えて下さい。

肥料分が流れ出る事が少ないので、肥料は少なめでも結構育ちますが、土が少ないので水だけではベビーリーフ程度が限界でしょう。

※培養土の場合は配合された肥料分である程度育ちます。

 

 

昨年は1.5リットルと2リットルのペットボトル栽培で、オクラを2株栽培するという暴挙に出てみましたが、水やりが忙しい以外はなんとか収穫も出来てしまいました。

ハーブや葉物は大抵OKですし、ミニニンジンや小カブ、ミニ大根などのちょっとした根菜もこのペットボトルプランターで栽培可能です。

 

 

以下、あまり検証してない無責任発言ですが…

水やりが大変になると思いますが、ミニトマト3段程度や、ナス&ピーマン&唐辛子系あたりも、とりあえず収穫出来れば…くらいは充分にイケルと思います。

 

畑や大きなプランターのように、沢山収穫出来るとは口が裂けても言えませんが、収穫体験出来ればOKヽ( ´ ∇ ` )ノ程度だったら大物野菜も出来ちゃうはず。

ただし、キュウリ系は根の量が半端じゃなく多い&水と酸素をやたらと要求するようなので、オススメ出来ません。

 

 

というわけで、最後はかなり胡散臭くなりましたが(苦笑)

縦型ペットボトル栽培では結構良いセンいってると思いますので、興味の有る方は試してみて下さいね~

私も紹介した手前、今年もこの方法で夏野菜をいくつかペットボトル栽培して、VegeLogで随時紹介していきま~す。

過去の栽培例は、ペットボトルプランターのカテゴリなどで参照出来ますので、お暇な方は覗いていって下さいませ。

 

 

追記:この記事で作ったペットボトルプランターで、空芯菜が元気よく育っています。

ペットボトル栽培 不死身の空芯菜(大袈裟) – VegeLog

4 Responses to VegeLog流 ペットボトルプランターをつくるなう!

  1. とも より:

    こんばんは!
    いつも参考にさせていただいてます。

    ウチの近所の保育園のフェンスに10個くらい
    花が植えられたペットボトルプランターが吊るされています。
    「こんな近所にVegeLogさんの読者さんがいるんだ~☆」って
    感動してしまいました。
    もっと近くで見てみたいのですが、
    なんてったって保育園ですので、不審者扱いにされると・・・(汗)
    なので、いつも遠目から見ては、ニヤッとしてます(笑)

    • Verander Talos より:

      ともさん、はじめまして~
      コメントありがとうございます。
      ペットボトルを使った栽培自体は古くから有る手法ですので、そちらの保育園さんはきっと…(笑)
      ただ、ペットボトルの底にペットボトルの上部分が埋まっていたら、読者さんの可能性高いです( ̄ー ̄)

  2. Naomi より:

    Talosさん、こんにちは。
    辛味大根、このペットボトル栽培でやろうかなぁーと思ってます。
    装置は作れそうにないし、根菜の収穫感(?なんじゃ)も味わいたいし。
    透明だと深くても、水やりの失敗がなくて良さげですね〜。

    • Verander Talos より:

      昨年はこのままで結構育ったので遮光についてはあまり触れてませんが、根域は暗い方が良いような事を見た気もしますし、透明なプランターってどうなんでしょうね~^^;
      水やりのタイミングについては、底に貯まった水が無くなったら要チェックということで、ほんとにわかりやすいです(◡‿◡ )

2017年7月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ