VegeLog式のペットボトル水耕栽培でコスレタスを栽培しています。

エアレーションもしてるので、ペットボトル水気耕栽培というのが正解かも?

 

冬真っ盛りだというのにベランダに出してしまったので、少しでも寒さをしのげるようにと、小さく折りたためる簡易ビニールハウスで栽培中です。

ペットボトル水気耕栽培のコスレタス

奥にチラっと写っている不織布プランターは、根塊&むかご状態で越冬している(ハズの)雲南百薬です。

 

ベランダの奥行きが足りないので、ハウスの骨をカットして縮めてしまいました(汗)

ヒーターを入れているわけではないので、夜間の冷え込みは凌げませんが、ないよりはマシ程度で…

 

 

やっぱりこの寒さではやっぱり成長しないなあ…なんて思いつつ毎日眺めてましたが…

1週間程前の様子に比べると随分育っているようです。

コスレタスのペットボトル水耕栽培

コスレタスは半結球レタスで、外葉と中心部分は全く別物の味と食感です。

管理が毎度毎度ゆるゆるなので、あまり綺麗に結球してくれたことはありませんが、このペットボトル水耕栽培のコスレタスも、結球を目指して外葉を大切に増やしていきたいと思っています( ̄ー ̄)

タグ:
 

4 Responses to ペットボトル水耕栽培 簡易ビニールハウスのコスレタス

  1. ユンイ より:

    なになに、コスレタスは外葉と内葉で味が違うとな(^^?
    レタス系の栽培というと外から順次収穫していく人が多いけど、やはりこれは結球させなきゃいけないってことですね(^^)
    うちでも半結球レタス(コスレタスだったか忘れた。リバーグリーンだったかな)を再スタートさせました。発芽しないなぁ…と思ってた古い種は2008年6月に期限切れのものでした(^^;;

  2. Verander Talos より:

    @ユンイさん
    野菜売り場で見かけることが増えてきたので、是非結球部分を試してみてください。
    パリっというかサクっというか、歯切れが良くて甘みもあって美味しいと思います。
    野菜売り場のモノは、比較したくても外葉は捨てられてますが(苦笑)

  3. kawa より:

    はじめまして、結構まえからROMしていました。
    我が家では雲南百薬のムカゴが、カビました ^^;
    おかげで、-20℃を超える極寒の季節なのに、残り物を栽培開始することになってしまいました。

  4. Verander Talos より:

    @kawaさん
    はじめまして~、コメントありがとうございます。
    -20℃というと…我が故郷、北海道の方でしょうかね~(って、まさかニセコの某仙人様では…(笑))
    我が家の室内窓際にてティッシュにくるんで放置してるムカゴは特にカビもせず、生きてるんだかどうだか分かりませんが、そのままの色合いで休眠中です。
    ベランダの掘り上げてない株もそのまま越冬しそうなので、雲南百薬は早々に楽しめそうです( ̄ー ̄)

2017年7月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ