早いもので、今日で1月も終わり。

2月といえば、そろそろ”保温限定”育苗開始の季節ヽ( ´ ∇ ` )ノ

今年は神楽南蛮のタネを購入出来たから、沢山栽培してガッツリ収穫したいなあ。

 

…妄想はさておき、ベランダでは今のところ休眠越冬中の雲南百薬と、ペットボトル水耕栽培のコスレタス1株ぽっきりしか栽培していないので、野菜ネタが乏しくなっております。

 

ベランダ野菜の数に比例して、ブログのアクセス数も低迷するのが冬のこの時期なのですが、今年は何故か前年比100%増(どんぶり勘定)となっておりまして、ロクに更新出来無いのがもどかしい今日この頃です。

 

これからもゆる~くぬる~く更新して参りますので、ご常連の皆様におかれましては、TwitterでVegeLogをフォローするなり、RSSリーダ等に登録するなりして更新をお待ちくださいますと、なにかと便利かと存じます(日本語崩壊シテマス)

 

 

さて、ベランダはネタが無いので、蛍光灯棚を見てみましょう。

蛍光灯は植物育成用のビオルックスA(20w)×3本です。

 

まずは一等地を独占している水菜風ギザギザリーフが面白いレタス、ハンサムグリーン。

ハンサムグリーン

移植当初はダメかも?と思えるほどしんなりしてましたが、今ではシャキッと自立しています。

そこの貴方(=昔の自分)、レタスに支えなんていりませんよ(笑)

 

ただ、棚の温度が30℃にもなるので、涼しい気候を好むレタスには厳しいかもしれません…

 

このハンサムグリーンは、ペットボトルの側面に穴をあけて苗を差し込んだだけの、超簡単ペットボトル水耕栽培になってます。

肥料は大塚化学のGREEN・GREEN(200倍)をペットボトルの半分位まで入れています。

 

ブクブクはうるさいから無しで、園芸用の酸素発生剤を少量入れてあります。

…が、近日中に秒単位で設定出来るタイマーを購入する予定なので、もしかしたら断続的にエアレーションを始めるかも。

 

 

 

蛍光灯栽培棚ではハーブもちょろっと実験的に栽培しています。

本当は、もっと大々的に栽培してハーブティーなんぞを嗜んでみたいのですが、ベランダが使えないので場所がね^^;

 

というわけで、超小型ペットボトル水耕栽培のパクチーはどうなったかな?

パクチー

こうなってます。

本葉がでるのが遅いな~

チョロっと出てますけど、なにやら順調の反対っぽい雰囲気を醸し出しております。

始めての栽培なので、ペースがわかりません。

2本づつ発芽しているので、片方を間引きしたいのですが、本葉が出てくれないと選別が難しいので、とりあえずは様子見ですね。

 

 

スポンジで発芽させVegeLog流ペットボトルに1本だけ定植して、「どうすんだコレ?」とぼやいていたスペアミントは…

スペアミント

ひょろひょろと茎が伸びてきたんで、ボトル内でとぐろを巻かせておいたら、脇芽が立ち上がってきてモサモサしてきましたよーヽ( ´ ∇ ` )ノ

奥にチラッと多肉が見えてますが、他所様にお見せ出来る状態じゃないので忘れてください(苦笑)

 

ミントは根絶やしにする方が大変な程丈夫、なんて話を良く見かけますが、本当にそのようですね~。

 

 

そうそう、ツイッターで暴露してますが、有効期限切れルッコラスプラウトは、(多分)蒸れが原因で枯れました、ていうか、水じゃなくて葉が腐りました(#^ω^)ビキビキ

メンテナンスフリーとか寝言を言って密閉&放置してましたが、水換えは要らなくても、換気くらいしないとダメみたいです(苦笑)

 

有効期限切れのタネは売るほどあるので、サラダマスタードでメンテナンスフリーなスプラウト栽培を再起動してますが、簡単な途中経過(フェードアウト宣言含む)はツイッターでつぶやくと思いますので、興味の有る方はTwitterをチェックしてくださいね~(VegeLog on Twitter

2 Responses to 室内水耕栽培 蛍光灯棚の近況 ハンサムグリーン・ミント・パクチー

  1. yaefit1500 より:

    ミント、おそろしく丈夫ですよね。
    我が家のミントは、発泡スチロールで育てていますが、フタを開けると暗闇に地下茎を伸ばしまくって、モヤシのような葉をいっぱい広げていて、ちょっとグロイです。泣笑

  2. Verander Talos より:

    @yaefit1500さん
    なにゆえ暗闇で栽培されてるのでしょうか(汗)
    そうそう、ツイッターでもよろしくお願いしま~す。

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ