賞味期限…もとい有効期限切れのタネを大量消費すべく、スプラウト栽培容器をでっちあげて、久々のスプラウト栽培に挑戦です。

 

止水での栽培になるので、ちょっと水換えをサボっただけで異臭騒動が頻発するスプラウト栽培。

異臭を放つ腐った水から生えた腐ってない芽を生食で頂くのは生理的にアレなので…

タネまき以降は収穫まで一切メンテナンスフリーなスプラウト栽培を目指します。

 

 

今回は、写真少なめ・能書き多めで参ります。

無駄に長いだけという噂もありますが…

 

在庫一掃スプラウト祭りを開催出来るのは、「農薬処理してません」、みたいな表示が有るタネ限定です。

それでも一般のタネの使用は自己責任になりますので、心配な場合は専用のタネが市販されてますので、そちらを使用してください。

防腐処理など農薬処理されたものは、「発芽直後の芽を食べないように」、という事になってますし、殻まで口に入りそうなスプラウトには使えません。

 

とかなんとか面倒な免責事項が終わったところで、VegeLog式スプラウト栽培装置です。

ルッコラスプラウト

どこが装置だって?

 

まあまあ( ̄ー ̄)

 

ええと、スプラウトの完成予想サイズは5~7cm程度って所だと思いますので、用意するのは20cm程度の深さの容器です。

100円ショップに手頃な蓋付き容器がいっぱいありますね♪

 

スプラウトは収穫2日前あたりまで、まっ暗闇で栽培する必要があります。

ここで手を抜いて明るいところで栽培すると、うまく背が伸びません。

今回は半透明な容器なので外側をアルミホイル&テープで遮光しています。

遮光は、ダンボール箱等を逆さにかぶせるだけでもOKですが、場所をとるので我が家では却下。

 

 

容器の中には10cm程度まで水道水(浄水不可)を入れています。

防腐効果の面から、カルキの抜けてない水道水がベストです。

ゼオライト等をいれておくと、よりいっそうの防腐効果が期待出来るかもしれません。

 

 

上の写真では容器の底のように見えてますが、栽培床として、キッチペーパーをクルッと一周巻いた発泡スチロールの板を浮かべて、その上に水切りネットを適当な大きさに切ったものを敷いています。

 

浮島の裏側からキッチンペーパーが水を吸い上げて、浮島表面のタネに水分が供給される仕組みで、タネの流出を防ぐためと、後述の表面張力効果を高めるために、台所用水切りネットを敷いています。

 

 

スプラウト栽培では、タネを一晩水につけて吸水させてから播くのがベストですが、今回は面倒なので適当にばらまいて、上からたっぷり霧吹きしておきました。

 

霧吹きの水がタネにかかると、表面張力でタネとシートの間に水の層が出来ます。

表面張力

※画像は以前撮影したベビーリーフミックスのモノです。

 

僅かな量なのであっという間に干からびてしまいそうですが、吸水用に巻いたキッチンペーパーから水分が絶えず供給されるので、この水の層は発芽まで乾くことはありません。

 

でも心配なので、時々霧吹きしちゃいますが(苦笑)

 

 

さて、今回のスプラウト栽培、始めたきっかけが”有効期限切れのタネ”在庫一掃処分なので、このまま発芽せずに終了の可能性が、なきにしもあらず…

毎度のことながら、あまり期待しないで続編をお待ちください。

ちなみに、このルッコラのタネは、2009年5月に有効期限が切れています(-_-;)

2 Responses to ルッコラのスプラウトを始めてみた VegeLog式スプラウト栽培装置?

  1. 8ちゃん より:

    なるほど~~~!

    古い種はこんな風にすればお手軽野菜サラダがいただけるってわけ♡ですかぁ~~。
    スプラウトにするって、思いつかないわたし・・・頭の回転零度!いや、いつもクルクル回っているんだぁー(笑)
    では、ナイショに・・・・・。
    この「VegeLog式スプラウト栽培装置」を8式に書き換えさせていただきます( ≧∀≦)ノダァーッ!!

    あ”--。気に入らないヤツのために「農薬処理してある」種もスプラウトにしなきゃ(爆)

  2. Verander Talos より:

    @8ちゃんさん
    夏は異臭騒動が起きやすいので、この時期スプラウト栽培に最適です。
    くれぐれも青とか赤とか毒々しい色のタネでやらないでくださいね(笑)

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ