株元がチンゲンサイっぽい雰囲気になってきた、蛍光灯+水耕栽培のミニチンゲンサイです。

ミニチンゲンサイ

あと1週間くらいで市販のミニチンゲンサイサイズになるかな?

 

比較栽培で使った小さなトレイにロックウールを入れて栽培しているミニチンゲンサイよりも、随分大きくなっています。

やはり、比較栽培には最低でもコレくらいの設備は必要でしたね^^;

豆腐パックでは無理がありました┐(‘ー`;)┌

 

 

蛍光灯の下にはオマケでいただいたグリーンスティックのスペアミントも。

こちらもスポンジ育苗→ペットボトル水耕栽培という流れで栽培しています。

スペアミント

1株だけでどうするんだ?

という声が聞こえてきそうですが、なにぶんミントの栽培経験が無いので、どんな育ち方をするのか分からなくて…

500mlのペットボトルで作った小さな水耕栽培装置ですが、4株くらいまとめて定植しておけば、賑やかで良かったかもしれませんね(´・ω・`)

 

こちらもスポンジのまま放置している株は、殆ど成長していません。

スポンジ育苗は本葉が開いたら即移植。

コレ、サボっちゃいけませんね。

 

 

と言いつつ、ちょっと移植をサボっていたコスレタスも、ペットボトル水耕栽培装置に定植しています。

コスレタス

エアレーションありの1.5リットルペットボトル仕様です。

 

昼間はペットボトル製の温室っぽいカバーをかけてベランダへ。

流石にこの時期のベランダは寒すぎるので、夜間は煩いブクブクを止めて室内に取り込んでます。

 

 

TwitterでもVegeLogというアカウントでボソボソつぶやいてます( ̄ー ̄)

コスレタスはTwitterのつぶやき↓に何度か登場してたり…

Verander Talos (VegeLog) on Twitter

2 Responses to ミニチンゲンサイの蛍光灯栽培とか

  1. まっく より:

    ペットボトルにしろスポンジ定植後に訪れる株根元のグラグラ感。
    これは増し土効果で解消できますが、我が家の装置はその余裕を持たせていないことが発覚。
    今後の反省になりました^^

    上のスペアミント、コスレタス写真を見ても全然余裕がありますからね~。流石です。

  2. Verander Talos より:

    @まっくさん
    逆さボトルを使うと、大物の場合、スポンジをペットボトルの径に合わせてカットし、切り込みをいれて株元を挟みつつペットボトルに押し込んで支えるという荒業も使えます(笑)

    株元がぐらついてると、増し土で固定したものと比べて成長速度に差が出るような気がするんですが、どんなもんでしょうね~。

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ