やっつけ仕事でボロボロ&隙間だらけだった周囲の反射シートを貼り直したので、少し引いた絵を公開出来るようになりました(苦笑)

アクアリウム用に用意した、90cm×45cmで高さ180cmのパイプラックの一部を使っています。

蛍光灯栽培棚 

植物育成用蛍光灯は20WタイプのビオルックスA×3本仕様。

周囲は反射光を少しでも有効利用出来るように、プチプチにアルミを蒸着したシートを使っています。

 

蛍光灯の下では、比較栽培で使ったミニチンゲンサイを、全てGREEN・GREENに変更して引き続き栽培しています。

蛍光灯栽培棚全体

照明器具が60cm水槽用なので、並べられる野菜もこの程度。

左端は徒長対策として、嵩上して蛍光灯からの距離を調整中^^;

 

ミニチンゲンサイ以外はハンサムグリーンというレタスとスペアミント、それに多肉植物を少しだけ栽培しています。

 

 

この規模の蛍光灯栽培+ミニチンゲンサイではとても採算は取れませんが、これこそまさに趣味の園芸ということで、採算は度外視ですね。

いつでも気になった野菜に手を出せる虫害の心配が無い環境は、なかなか素敵です。

 

プラケース水耕栽培容器に定植したミニチンゲンサイ。

プラケース水耕栽培のミニチンゲンサイ

やはり根域のストレスを減らすと育ちが早いですね。

トレイ栽培のどれよりも大きくなっています。

 

遮光していないので養液槽がちょっと怪しい色になってきたけど、どうしようか思案中。

ミニ青梗菜の根

年も明けたことだし、養液全交換してみようか┐(‘ー`;)┌

タグ:
 

2 Responses to ミニチンゲンサイだらけの蛍光灯栽培棚を初公開!?

  1. 忍者 より:

    良いですね、蛍光灯環境。
    ブクブクは入れてないのですか、蛍光灯はタイマーを使っているのですか?。

  2. Verander Talos より:

    @忍者さん
    棚がデスクのすぐ横でしかも高さが耳元近くなのでエアレーションはしていません。
    エアポンプは静かなのを遠くに置けばOKなんですが、エアストーンからのショワショワ音が(´・ω・`)

    蛍光灯はプログラムタイマーで好きな時間に好きなだけ点灯するようになってます。
    といっても12時間サイクルで固定していることが多いですが^^;

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ