スポンジ苗で蛍光灯栽培していたスペアミントが、ヒョロヒョロと伸びて株元が頼りなくなってきたので、500mlのペットボトルで簡単な水耕栽培装置を作って定植しました。

 

今年最後の投稿と言うことで、簡単なペットボトル水耕栽培の作り方を紹介しておきますね。

 

 

まずは、ペットボトルに切り取り線をマジックで入れておきます。

ペットボトルに切り取り線を

切り取り線なんて無くても出来そうですが、意外と綺麗に切るのが難しかったりして…

一周したらとんでもない場所になってて、ぐるぐる桂剥きになったりして(ないない)

 

ラインに沿ってカッターナイフやハサミなどで上下を切り離し、上半分を逆さにして下半分に差し込みます。

上半分を逆さまにして下半分に

同じペットボトルに限りますが、写真のラインあたりで切ると、カチッと収まりが良い位置があり、調度良い高さになります。

 

ペットボトルのキャップには、1cm程度の穴をあけておきます。

キャップに穴を

工具が無いと面倒かもしれませんが、四角い穴でも良いので、飲み口より一回り小さな穴をあけるのがポイントです。

VegeLog流では、固形培地をに植え込むのではなく、スポンジ苗を飲み口に直接挿し込むお手軽さが特徴です。

ただ手を抜きすぎてキャップなしにすると、後で後悔することに…(経験者談)

キャップの残った部分でスポンジを支え、養液槽に苗が落ち込むのを防ぐわけです。

 

 

あとは苗を飲み口部分に押し込んで…

スポンジ苗を入れて

このままではグラグラして頼りないので、軽石やハイドロボール等の(できれば無菌の)粒状素材などで土寄せみたいなことをしておきます。

 

目安は胚軸が隠れる程度…なんだけど、今回のミントは異様に伸びちゃってるので、双葉まで埋めちゃいました^^;

土寄せ

今回は椰子の実チップのベラボンをちょっとだけ投入。

 

この素材が養液を吸い上げてしまうと、カビや藻などの発生につながるので、乾燥させたまま&スカスカな状態で入れるのがコツです。

要は株元を支えられれば良いので、徒長してなければ何も入れなくてもOKです。

 

 

そうそう、この状態で上から見て養液槽が見えるようだと、光が入って養液槽に藻が発生してしまうので…

アルミテープで遮光

外からアルミテープを1周貼って遮光しておきました。

上から覗いて養液槽が見えなければOK.

 

 

あとは養液槽もアルミテープやアルミホイル等で遮光してやれば完成でーす。

ミニペットボトル水耕栽培

ハーブ系は肥料少なめの方が香りが良いとか見かけるので、今回はGREEN・GREENを400倍に薄めてキャップが浸かる程度まで入れてみました。

ついでにおまじないとして園芸用酸素発生剤を4粒ほど入れてます。

 

根が伸びてきたら水位をちょっと下げて、キャップの下に空気層を設けると、根が呼吸しやすくなって良いと思われます。

 

エアレーション装置(=金魚のブクブク)をお持ちの方は、日中だけでも養液をブクブクしてやると、とてもとてもとてもとてもとても良い結果が期待出来ます。

 

 

というわけで、今回はミントを植えてみましたが、ミントは初挑戦なので成功するかどうかわかりません(汗)

1.5リットルのペットボトルを使って同じ方法で栽培したチマサンチュ(赤青)を、成功例として最後に再UPしておきますね。

 

2008年12月 赤青チマサンチュ混植

ペットボトルでチマサンチュ

 

2009年5月 チマサンチュ

ペットボトル水耕栽培 チマサンチュ

タグ:
 

6 Responses to ミニペットボトル水耕栽培装置を作ってみた スペアミント編

  1. Naomi より:

    「常に初陣」的な記事ですね?(笑)
    年内のリサイクル収集が終わってしまったので、ペットボトルが大量にたまっております。
    水耕用に全部切っちゃおうかな( ̄ω ̄)

    Talosさん、今年はありがとうございました。来年も引き続き、勉強させていただきますっ。
    どうぞ、良いお年をお迎えください (=^_^=)

  2. Verander Talos より:

    @Naomiさん
    常に初陣…単に進歩してないだけと言う噂もありますが、まあ、初心忘るべからず、ってことで…
    なにしろ、専門知識は専門家にお任せして、お手軽お気軽なゆるい家庭菜園、がVegeLogのポリシーですから(笑)

    というわけで、こちらこそ、来年も引き続きよろしくお願いしま~す。

  3. まっく より:

    ハーブの丁度いい感じの水耕栽培にもってこいですねー。
    培地セット具合がかなりステキだと思います。
    年明けからこのタイプを増やしていきます。
    来年もブログにtwitter共々宜しくお願いします。

  4. Verander Talos より:

    @まっくさん
    ペットボトル水耕はブクブク入れると見違える程成長が良くなるので、エアレーションの追加がおすすめです。

    そうそう、twitterコソコソつぶやいてたら見つかっちゃいましたね~(笑)
    って、1日中つぶやける環境の割には、あまり頻繁につぶやいてませんが^^;
    こちらこそ、今後とも宜しくお願いします。

  5. ユンイ より:

    さあさあ、ゆく年くる年が始まりましたよぉ(^^)
    来年は復活したベランダ菜園日記がみられることと信じております。
    来年もよろしくです。Twitterでもつぶやき期待してますよ。

  6. Verander Talos より:

    @ユンイさん
    あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
    twitterはイマイチ掴めてないので、どうなりますやら┐(‘ー`;)┌

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ