適当すぎた比較栽培を中止してプラケースに移植したミニチンゲンサイ。

 

前回は「酸素石を入れてみたよ!」というお話でしたが、その後どうなったでしょう…

ミニチンゲンサイ2

おっと、意外と順調に育ってましたね(笑)

播種から100%蛍光灯栽培です。

 

横から見てみると…

ミニチンゲンサイ

少しチンゲン菜っぽくなってきましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

 

真ん中が優勢なのは、もしかして直下に酸素石があったから!?

 

酸素石はその後…

園芸用酸素発生剤

崩れて粉になりつつありますが、分量的には健在です。

 

pHを測ってみたら7.13とやはり高くなってます。

養液は大塚化学のGREEN・GREEN200倍液で、今日作ったモノはpH6.3くらいです。

適当に入れるとpH10以上になる事もあるので、コレくらいで安定してるとしたら、適量だったのかもしれません。

 

ECは0.85程度だったものが1.0まで上昇してますが、酸素石が溶けてるみたいなので、その影響でしょうか。

 

それよりも何よりも…水温31℃ってどうなの??

 

床から1.2m程の棚に置いて、至近距離から蛍光灯を当てているので、ストーブつけたらこんな事になってる事が判明しました。

真夏の様な環境のアブラナ科、いかにも間延びしそうですね(´・ω・`)

 

しかしまあ、今のところ根っこは健康そうなので、このまま生暖かく見守りたいと思います。

ストーブ消したら寒いし。

ミニチンゲンサイの根2

成長の差がそのまま根っこにも出てるみたいですね。

ロックウールからぶっちぎって移植してしまったので、その際のダメージに差があったんでしょう。

 

とりあえず、養液を一部交換して、底の酸素石を撹拌してみました。

これで成長差が縮まると面白いんだけど、どうなるかな~( ̄ー ̄)

タグ:
 

Comments are closed.

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ