ミニチンゲンサイを使って、2種類の水耕栽培用肥料(※1)と2パターンの水遣り方法(※2)で比較栽培中です。

 

6日目から二つの水区画も、それぞれハイポニカ500倍、GREEN・GREEN200倍に変更しています。

 

——————- ここまでコピペ ——————-

 

昨日1日投稿が飛んでしまったので、2日分のまとめです。

 

ここまでくると変化がわかりにくいので、毎日記録する意味があるかどうか…

 

おっと、ほかに投稿するネタがないのを忘れていました(苦笑)

気を取り直して、昨日の様子から。

ミニチンゲンサイ・13日目

あれ?

GREEN・GREEN組に比べると、上下ともハイポニカ組(右側)の様子が…

 

 

念のため、今日の様子も見てみると…

ミニ青梗菜・14日目

GREEN・GREENに比べて、ハイポニカ組の様子がおかしくなってきました。

明らかにGREEN・GREEN組の成長が良いです。

 

原因として思い当たるのは、養液の濃縮でしょうか。

この季節、空気が乾燥しているので蒸発する分がかなり多いと思われますが、規定濃度を継ぎ足しているので…

 

明日は一度培地を水で流して、再セットしてみます。

 

おお、意外と変化があって面白くなってきた…のか?

 

 

そうそう、ここへきて株元が怪しくなってきました。

どの株も軽く揺らすだけでパッタリ倒れてしまうので、何か対策を講じないと比較栽培中止になっちゃうかも!?

  1. ハイポニカ肥料500倍、大塚化学GREEN・GREEN 200倍 []
  2. 最初から養液灌水、水で始めて双葉が展開してから養液灌水 []
タグ:
 

2 Responses to ミニチンゲンサイの比較栽培 13&14日目 ちょっと手抜き^^;

  1. Naomi より:

    お邪魔いたしますっ。
    スポンジに染み込んでいる液肥は全体の量が少ないから、
    乾燥の影響が大きく出てしまう、っちゅう事ですよね φ(。_。)メモメモ
    育苗の時は濃度に注意したほうが良いっぽいですねー。
    あぅ、難しいわぁ。

    に、しても。GREEN・GREEN…欲しくなってまう。

  2. Verander Talos より:

    @Naomiさん
    普通は本葉2枚出揃ったあたりでもっと大きな栽培装置に定植してるので、この手の問題は出ないんですが、今回は同じ環境を4つ用意できないので、こんな有様で^^;

    GREEN・GREEN、とりあえず理不尽に枯れてしまうような事は無いようです(当たり前)
    ちょうどハイポニカが底をつきそうなので、3本無くなるまでは使い続けま~す。
    来年いっぱいあったりして…

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ