不織布プランターで栽培していた自家採種の神楽南蛮をやっと収穫しました。

 

今回の神楽南蛮、大元は2004年に産地で直接仕入れた完熟果をおすそ分けしていただいたもの。

その完熟果から採ったタネを2006年にベランダで栽培し、なんとか完熟までこぎつけて収穫した実から採ったタネを、3年後に播いたのが今回の唐辛子。

 

06年当時は、狭いスペースで同時に何種類か唐辛子を栽培していたので、多分純血種では無くなってるだろうな~、と思っていたわけですが…

 

 

前フリ長いですね。

 

 

というわけで、これが今回収穫できた完熟神楽南蛮…もとい、元神楽南蛮^^;

神楽南蛮??

形がピーマンですが何か(´・ω・`)(※1)

 

あ、大きさ比較にiPhone置いてみました。

前回の投稿でおまけがついてきた白いケースってこんなんです。

 

iPhoneが小さいのではなく、唐辛子が結構大きいということで^^;

 

 

一番最初に赤くなった右端をカットして中を見てみると…

神楽南蛮??のタネ

最初に頂いた正真正銘本物の神楽南蛮からは1つの唐辛子から300個以上の種が採れましたが、コレはいかにも少ないですね~

 

種に近い実をちょこっと齧ってみましたが、辛さは全くありませんでした(´・ω・`)

ていうか、すごく甘くて美味しい(甘笑)

 

 

結局、神楽南蛮のつもりで栽培していた唐辛子は、肉薄パプリカになってました。

他の小さい実も辛味は全くなし┐(´ー`)┌

’06当時は甘とう美人の他に激辛アジアン唐辛子のプリッキーヌーも栽培していましたが、辛さが全く無くなっているので、交雑相手は万願寺唐辛子系の甘とう美人でしょうねー。

 

よく見るとあと二つ完熟待ちの唐辛子が生っていたので、撤収はもう少し先送りにしようっと。

blogram投票ボタン

  1. 神楽南蛮本来の形はこのあたりから→神楽南蛮 – Google 画像検索 []
タグ:
 

4 Responses to 神楽南蛮のつもりだった唐辛子を収穫したよ!…(´・ω・`)

  1. yaefit1500 より:

    ピーマンを育てたつもりが辛かったとか、唐辛子を育てたつもりが甘かったとか、いろいろ耳にします。交雑しやすいということなんですねー。

    来年には、唐辛子もピーマンも育てたいと思っているのですが、育てる場所を考えなければ。(来年まで覚えていれば・・・ですが。汗;)

  2. Verander Talos より:

    @yaefit1500さん
    そのスジの方に聞いた話によると、交雑を避けるには500mくらい離さないと意味無いかも?とのことなので、気にしない方が良さそうです^^;
    しかも交雑の結果が出るのは次世代なので、自家採種しない場合は気にしなくてもよろしいかと。

    辛さに関しては株にストレスをかけるとか、甘やかすとか、そういう環境による違いのほうが大きいようですね。
    ピーマンは甘やかして、唐辛子はスパルタで育てればOKでしょう(笑)

  3. より:

    なるほど☆勉強になります^^
    色んな種類の唐辛子を育ててみるのも面白いかもしれませんね(><)

  4. Verander Talos より:

    @和さん
    唐辛子は比較的栽培方法にうるさくない品種が多いので、水耕栽培でも比較的お手軽に豊作体験が出来ちゃいます。
    ただ唐辛子道はとても奥が深くて、一度足を踏み入れると菜園全部が唐辛子になりかねないので、ご注意ください(苦笑)

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ