秋からの葉物栽培シーズンに向けて、新しい水耕栽培容器の構想を練っている今日この頃です。

大きめの容器に数日おきに植えて、順次収穫できるように、周囲の株と養液中で根が絡まない方法をでっち上げようと画策しています。

画像は、前述の構想とはあまり関係無く見える、ペットボトル水耕栽培のスタートシーン。
ゴマの風味とかいう怪しいコピーに釣られて、ルッコラを播いてみました。

ルッコラ播種
テスト栽培なので一株だけ…

3cm×10cm程の帯状不織布を縦に折って、塩ビパイプをカットしたモノにスポンジの端切れで固定。
折った不織布の間に種を2,3粒押し込んで種まき完了です(写真右)

ペットボトルの口に直接スポンジで固定してもOKなんですが、根が有る程度伸びたら試作容器に移植予定&移植先の容器の都合で、こんな構造になってます。

当ブログに初めてお越しの方、なんて怪しい栽培方法とお思いでしょう(笑)
同じ播種方法で栽培した例がありますので、気になる方はこちらも参照してください。

8 Responses to ルッコラを水耕栽培してみる

  1. より:

    これって最初から液肥でやっちゃうんですか?

  2. Verander Talos より:

    >>福さん
    最初から肥料を使うと、ひょろひょろに徒長する原因になりそうですね。
    私の場合は、種によりますが、本葉が見えてくるまで水だけで肥料は使いません。
    種が大きい時は、気持ち水だけの期間を長くしてます。

  3. より:

    なるほど!私はいつもスポンジに種まきして少し大きくなってから移植しています。このやり方でそのままポリボトルで育てると移植しないで良いからラクチンかもですネ。
    実はなんでも取っておく方なので何かのシートを巻いてあった発泡の管があるんです。使い道できた!

  4. Verander Talos より:

    >>福さん
    移植しない方法も楽で良いのですが、種にも個体差があるので、いくつか播いて成長が良いものを移植したほうが、良いかもしれませんよ〜
    こんな感じで栽培すると、序盤での移植は、根を痛める心配が余りありませんからね♪
    私は、直接栽培する際は3粒ほど播いて、子葉の段階で間引いてます。

  5. より:

    私は水耕に手を染めたのが約1ヶ月程前、土耕でさえまだ1年もたっていない超、チョウ初心者なんです。ですからいろいろな方法をまねしてみて自分にあった方法、そのしょくぶつにあった方法を見つけていきたいと思っています。
    その点ネットはとってもステキですね。いろいろな方がそれぞれの方法でブログなど毎日のように更新されているので、それを見るのも楽しみなんです。
    おもしろそうなの見つけたときは「良い物ミッケ!」でコペですね。
    それで失敗したときは別の方法でやります。
    いつも参考にさせて頂いてアリガトさん!デシタ

  6. Verander Talos より:

    >>福さん
    私の情報源のひとつに特許電子図書館のデータベースがあります(秘)
    公開特許参考にして、自分なりにアレンジしつつアレコレと…
    何かしらの実績がある物も多いので、ずいぶん参考になりますよ〜

  7. より:

    なるほど、マル秘情報を参考にしてアレンジ・・・
    そのアレンジを参考にしてそのまたアレンジ・・・が私
    自分なりのやり方早く見つけたい!
    園芸知識は限りなくゼロにに近いので、まずはまねから初めるのが早道かと・・これからもまねさせてね。

  8. Verander Talos より:

    >>福さん
    私がアレンジした時点で劣化してる可能性が高いので、ご注意ください(笑)
    私もまだ園芸三年生、しかも畑じゃなくて狭小ベランダー、ってことで駆け出しのひよっこです。

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ