市販の苗から始めた裏庭の菜園プランター組は収穫を迎えていますが、ベランダにはタネから始めた茎ブロッコリーがありまして…

 

ベランダ菜園一時撤収の足かせになっています(´・ω・`)

 

だって、やっとココまで育ってくれたんだ…

ロックウール養液栽培の茎ブロッコリー

コチラ↑は全手動かけ流し養液栽培の茎ブロッコリー。

右はいつでも撤収OKのペットボトル雲南百薬(むかご大量)

 

 

そして、市販の水耕栽培装置・スマートポットにも…

スマートポットで茎ブロッコリー水耕栽培

うぉ!まぶしっ!!

 

ローアングル&水耕栽培装置が結構大きいので小さく見えますが、よい感じに育っています。

 

 

どっちも勢いが出てきたところなので、どこか置き場所を確保してやりたいですね~

 

スマートポットはこのまま移動できるので、まるっと裏庭にでも持っていくとして、問題はロックウールに植わってるかけ流しの株。

 

茎ブロッコリは株あたり10号鉢以上は欲しく、とても簡単なペットボトル水耕栽培にできるサイズではないわけで…

かなり大きな水耕栽培装置が必要なので、簡単に定植先をでっち上げる事が出来ません。

ベランダ以外に置くとなると、簡単に移動出来るようにしないといけないので…

 

ポリタンクでも切り刻みますか!?

タグ:
 

2 Responses to やっと本気を出し始めた 水耕茎ブロッコリー

  1. おっしー より:

    うちのブロッコリーは浮島状態で根を伸ばしたあとバーミキュライトで半水耕栽培です(^_^;)

    もう少し大きくなったらカゴに定植予定なんだけど。。。大きくなるのか不安です

    このままだったらあまりに場所ふさぎなだけなんですけど・・・

  2. Verander Talos より:

    @おっしーさん
    全うなサイズに育つと背丈の割には非常に場所をとる野菜なので、いずれにしても、嵩張るのはあきらめて見守るしかないかもですね(苦笑)

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ