台所用の水きりネットを培地として、遮根シートと水きりネットの間にシート状に根を張らせるシート式水耕栽培で、ベビーリーフ(ベビーサラダミックス)を栽培しています。

 

種まきはこんな感じになります。

水きりネットに種まき

保水とタネの転がり防止を兼ねて、1枚にはがしたティッシュペーパーを載せてます。

栽培容器を動かさない場合はタネを播いて一度霧吹きしておくだけで、表面張力でタネの半分くらいまで水に包まれた状態になり発芽してくれます。

 

タネの下は水きりネット→防根透水シート→吸水用不織布→浮き島→養液という構造になっており、不織布が吸い上げた水分を毛管作用と表面張力で水きりネット全体にいきわたらせて栽培します。

 

防根透水シートで進路をさえぎられた根は、表面の水きりネットと絡み合ってシート状に成長するため、培地が水きりネットだけでも自立可能になります。

 

というわけで、出来ちゃったの図。

ベビーリーフのシート水耕 

ちょっと種まきしすぎてヒョロいのは見なかったことに┐(´ー`)┌

 

こうして、種まきから3週間程で出来上がったベビーリーフは…

ベビーサラダミックス シート式水耕

シートをペロッとめくって台所でチョキチョキ収穫出来ちゃいますヽ( ´ ∇ ` )ノ

培地が無いので、とっちらかって収拾つかなくなる心配は無し。

 

 

養液層は漂白剤等で洗って再利用できるので、消耗品は水きりネットだけ。

その分肥料にコストがかかってる気がしますが、気持ちだけはエコです(苦笑)

 

 

シートの下を拡大してみると…

シートの下は…

防根透水シートから綺麗にはがれてます。

 

藻が出てしまうのが玉に瑕ですが、可食部には影響が無いので、気にしない事に^^;

 

 

優れた遮根シートが無いと、吸水不織布まで使い捨てになる可能性が高いので、ちょっと一般的では無い栽培方法になってますが、まあ、こんな栽培方法もあるかもよー、というお話でした。

4 Responses to VegeLog流 シート式水耕栽培 ベビーサラダミックス完成!?

  1. katteni より:

    + 水きりネット、いいですねー。根だってなにかに絡みたいですもの。
    また真似するねたが増えました。当方、真似で生きています。

  2. Verander Talos より:

    @katteniさん
    ベビーリーフ専用なので、大きく育てようとは思わない方が良いです^^;
    私ももともとある技術を中途半端に真似てるだけなので、気にせずにいきましょー

  3. おっしー より:

    遮根シートってなかなか手に入らないですよね
    使い捨て覚悟で浮島方式で室内栽培でも出来るかな
    これからの時期は外は気温上がらないし。。

    水菜やレタスがいっぱい余っているのでこの方法真似させていただきます♪

  4. Verander Talos より:

    @おっしーさん
    使い捨てにするとなると、出来るだけお安い吸水性素材が欲しいところですね。
    3週間くらいだったら、レーヨン100%でも大丈夫かもしれないので、いわゆるカウンタークロスがオススメかも。
    カウンタークロスのようなレーヨン100%のモノは安くて非常に吸水性が高いのですが、養液中でブクブクしたりすると、あっというまに溶けてしまうので用途が限られるんですよね~
    あとはキッチンペーパーを不織布の上に敷いて培地に出来るかも!?

    とかなんとか、思いつきで無責任にぐだぐだ書いとりますが、実行する際は自己責任でお願いします^^;

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ