1枚のシートを培地にして葉物を栽培するシート式水耕栽培を試していましたが、1ヶ月経過したので栽培を終了しました。

水きりネットに種まきしてからおよそ二週間経過、6/13日の様子

草丈は10cm程度。
テスト栽培で養液槽が無いため、毎日トレイにハイポニカ養液を継ぎ足してました。

1ヶ月と少し経過、本日の様子。

草丈20cm程度に育ってます。

蛍光灯が近すぎて葉焼けしてカリカリになってる葉があったりして^^;

一方、肝心の根の方はどうなっているかと言うと…



防根シート1枚目と2枚目の間で綺麗に根が切れてます。

本当は網目状のシートと防根シートの間で剥がれる予定だったんですが、防根シートが根性なしで1枚目は根が抜けてきてしまいました^^;

2枚重ねると殆ど遮根出来ると言う記載を見かけていたので、あらかじめ二枚重ねて使っています。

 

網目状のシート→防根シート2枚→吸水素材という構造で、各素材は重ねただけで間に隙間は設けていません。

 

種を播いた水きりネットと防根シート1枚目の間は…

ちょっと藻が発生していて見苦しいですが、こんな風に根がシート状に薄く張り付いて育ってます。

これだけの根で20cm以上の草体を支えて養分も吸収していたわけですね~。

 

さすがにべんり菜本来の大きさにはなりませんでしたが、ベビーリーフとして2週間程度で収穫するのであれば、面白い栽培方法かもしれません。

密植出来てベランダに散らばりがちな粒状の培地がいらないというのは、かなり魅力的です。

涼しくなってベランダにスペースが出来たら、もう少し大きな容器で栽培してみたいと思ってます。

 

それにしても…

再利用さえ考えなければ、カウンタークロスとか吸水性の良い不織布に種まきしただけでかなり大きく育てられそうな気が…

やっぱ植物の生命力って凄いですねえ。

 

Comments are closed.

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ