今回は、パイプ1本で溜まった養液を0近くまで排出する裏技、もといテクニックです。

 

用意するのはU、またはL字に加工したパイプ(チューブでもOK)

今回はU字で試作したので、U字パイプで説明します。

 

まずは画像を。

簡易Ebb&Flowパイプ

簡易Ebb&Flowパイプ

やっつけ仕事ですが、ペットボトルの底に穴を開けて、内部にU字パイプを逆さに取り付けています。

 

左側は容器の底を貫通して養液タンクに排水が落ちるようになっており、右端は容器の底から数ミリ浮いた位置で固定しています。

L字パイプの場合は側面に穴を開けて、端を数ミリ浮かせてセットします。

 

実際の動きはこんな感じ…

  1. エアポンプによるエアリフトで、水を下のタンクからくみ上げます。
  2. 徐々に水位が上がり、しばらくするとパイプが水没します。
  3. パイプが水没すると、パイプを通って水が下に落ちます。
  4. U字パイプに一度通水すると、水位に関係なく水が下のタンクに落ち続けます。
  5. 上段の水がほぼ無くなり、画像右のパイプ端から空気を巻き込むと排水が停止→1に戻ります。

下手な説明ですが、判りますかね~?

 

今回は内径7mm程度のパイプを使っているので、エアリフトで揚水していますが、パイプを太くする事で水中ポンプにも対応出来るはずです。

 

コレを水耕栽培に利用する事で、水位を変えることで根の呼吸を助けるEbb&Flow式の水耕栽培装置が…

出来そうな気がするだけで、未だ作ってません。

誰か試してみませんか?

 

あ、この仕組みは、多分海外製のお高い水耕栽培装置で使われてると思います。

使用目的が同じかどうかは判りませんが、原理が一緒のパイプが内蔵された容器を見たような気が…

 

タグ:
 

5 Responses to 水耕栽培装置の自作Tips!? パイプ1本で水位を上下させる裏技(笑)

  1. ユンイ より:

    ん!?・・・・(考え中)・・・あ、そういうことか(^^!
    この現象、初めて作った塩ビパイプ水耕栽培装置で起きていました。
    なぜこうなるのか理解できていませんでしたが、これって上限としたい水位にU字パイプの上面を合わせてやればいいんですよね(^^?
    (これが正しければ、多分仕組みを理解できたということだと思う)

  2. Verander Talos より:

    @ユンイさん
    パイプの出口の太さ次第で、パイプの高さ+数ミリまで上がることがあります。
    また同じくパイプのサイズ次第で、エアをかんでもパイプ内に水が残り、水没しなくても排水してしまう、微妙な動きになったりもします^^;
    試作はエアチューブでも出来る(上の微妙な動きになりがちですが)ので、適当に作ってみて手動で水を入れてやれば、すぐに原理も問題点も納得できると思います。

  3. 忍者 より:

    なるほどね。

  4. katteni より:

    なるへそ。(下品な表現で申し訳ないです)
    いったんパイプ内が呼び水された状態になれば、ゼロ水位(右パイプ下面)まで排出される。それを利用してアップダウン装置ですね。時間間隔はパイプ径で、水位はパイプ高さで調整できるし。すごい!スマートバルブいらないですね。

  5. Verander Talos より:

    @katteniさん
    水位は良いとして、排水速度は調整が難しいです。
    揚水量の割りに太すぎると呼び水状態にならず、ちょろちょろ落ち続けて水位が一定になってしまったり…

    その点、スマートバルブはエアポンプすら要りませんからねえ。
    循環させないから養液の濃度が出口では一定なので、調整も楽ですし。
    やはりあの機能を超えるモノを自作するのは難しいと思います。

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ