先日のエントリーではエアチューブを使った水位計を紹介しましたが、同じチューブorホースを使って簡単に予備タンクを増設する裏技(笑)を紹介します。

 

原理は水位計と全く同じで、折り返す水位計部分を巨大化するだけで予備タンクになるという考え方。

ペットボトル水耕栽培 予備タンクを増設

ペットボトル水耕栽培 予備タンクを増設

面倒な組み立て方とか、難しい設置方法とか、ありません。

 

ただ、チューブを両方のボトルに入れるだけ。

 

写真が使いまわしなので、片方が空っぽですが、チューブの片側から口やスポイトで養液を吸い上げて、チューブの中を満たしてから、写真のように双方の底まで伸ばしておけば、2本のボトルが同じ水位で釣り合います。

 

養液が消費されると予備タンクの水位も下がります。

予備タンクにゆっくり給水してやれば、同じ高さまで栽培槽の水位も上昇します。

 

簡単な仕組み(サイフォンの原理だっけ?)なので、一度試してみてください。

多分口で吸い上げる方が多いと思うので、養液の味も堪能してください(ぉぃ)

 

始動方法のコツですが…

片側から養液を吸い上げ、9割がたいっぱいになった時点で、吸い口側を指で塞ぎます。

そのまま手を空のタンク側の底近くまで突っ込んでから、チューブを開放すると確実です。

 

 

大型装置でサブタンク+太いホース等の場合は…

もちろん、大型の栽培槽でも使えます。

ただ、ホースが太くなると口で(限定か)吸うのが大変だし、養液を飲んでしまう量も増えるので、養液がもったいないから別の始動方法を。

 

まず、ホースに余裕を持たせて充分にたるませておき、たるんだ部分に如雨露や水差し等で水をためてから、ホース両端を双方のタンクの底に入れます。

 

ホースのたるみに溜まった水を水位の低いタンク側から流れ出るようにホースを動かしてやると、反対側から養液が揚がってきて、中のエアーが抜け、あっさり始動します。

 

これもやってみると簡単なので、眉唾に思ってる方は、水道のホース等身近なもので試してみてください。

※ホースがエアチューブのように細いと、抵抗が強くてうまく始動できない事があります。

 

タグ:
 

4 Responses to ペットボトル水耕 無加工でかんたんに予備タンクを増設する方法

  1. yaefit1500 より:

    それは簡単、まさに裏技ですね、スゴ~イ♪
    工作が大雑把なわたしにでも、これなら成功できそうです。

    あーでも、コレ、夏前に教えて欲しかったです(<コラ!)

    冗談です、貴重な情報をありがとうございました♪

  2. Verander Talos より:

    @yaefit1500さん
    はい、失敗する要素は、養液一気飲みしかありません。
    夏前、そうですね~、まあ今は来年の夏前ってことで、ご勘弁を( ̄ー ̄)

  3. おっしー より:

    これいーですね(^^)

    三度豆の液肥の消費が激しく水枯れ寸前もしばしば・・

    早速挑戦します

    ちょうど今度の月曜日はペットボトルの回収日なので
    山のようにゲットしてこよう~
    自宅はほとんどペットボトルが出ないので(;一_一)

  4. Verander Talos より:

    @おっしーさん
    ペットボトルのキープは実際悩むところですね、意外と場所もとるし。
    同じサイズを揃えたくて、無理やり一気飲みすることもしばしばです(苦笑)

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ