パイプで作った栽培容器で栽培中のチンゲンサイ、防虫網を掛けているにもかかわらず、ハモグリ画伯の被害を受け始めています。

ハモグリの痕跡

画伯が産卵したり食事をした痕跡の点々があちこちに…

まだお絵かきタイムには移行していない様ですが、どっちにしても点々がついた葉を食べるのは嫌なので、サクッと収穫して、きれいな部分を美味しくいただく事にします。

 

チンゲンサイは葉っぱ部分よりも、付け根のシャキシャキ命なのが不幸中の幸い。。。

水耕チンゲンサイ 

というわけで、明日は終日荒れ模様らしいので、コレが最後の画像になるチンゲンサイの勇姿。

あと2枚くらい葉っぱが増えると食べ応えがあるのになあ…

 

画像はありませんが、右半分のべんり菜は今のところ被害無し。

チンゲンサイが無くなったら、移動するのかな?

 

そうそう、チンゲンサイの間に小さな双葉が写ってますが、時期的に遅すぎっぽいミニレタスのマノアです。

5 Responses to チンゲンサイ 已む無く収穫予定

  1. さと より:

    画伯の作品は我が家にもたくさん飾られています!!
    彼らは産卵もするのですね・・・。
    うちは二十日大根の葉が一番多いのかも。
    姿が見えないと思ったら葉の中にいると聞きました。
    本当だったら、駆除が難しいですよね(-_-;)

  2. gardener より:

    防衛線張っても奴等は侵入してくるんですね。
    ウチはまだ画伯は立ち寄られていないですが、
    緑の人がいっぱいで。。。
    明日は雨ですか。。。
    チャリンコで遠出しようとおもってたのに。。。

  3. Verander Talos より:

    >>さとさん
    ぽちぽちが産卵跡、もしくは成虫が葉の何かを吸った跡らしいです。
    お絵かきの先端、葉の中に幼虫が居てますよ〜(嫌)
    日本古来?のハモグリの場合は葉の中で黒っぽい繭になって羽化し、外来ものは同様の繭が地面に落ちて、羽化するようです。
    駆除は浸透移行性の農薬が適しているらしいけど、無農薬の場合は痕跡を見つけたら、ひたすらつぶすしかないですね(泣)

    >>gardenerさん
    葉っぱが防虫網についてしまうと、外からでもあんな事やこんな事が出来てしまうみたいです。
    後は中で繁殖して、好き放題って感じでしょうか…_| ̄|○ il|!
    緑の人は阻止してますが、乾燥してくると、糸つきの赤い集団が…

  4. こりどら より:

    先日はご訪問並びにコメントありがとうございました。
    私の所も大勢の画伯が来られて、様々な野菜に様々な絵を描かれています。
    勉強させていただきますので今後ともよろしくお願いします。

  5. Verander Talos より:

    >>こりどらさん
    いらっしゃいませ! こちらこそよろしくお願いします。
    画伯の飽くなき創作意欲には手を焼きますね(汗)

    この投稿のチンゲンサイ、本当は3回分になる予定だったんだけど、早採りすぎでスカスカだったので、一度に6株全部パスタに投入して、美味しくいただきました^^

    画伯対策は1mm目合いの防虫網ではダメですね。
    パオパオ等の不織布の方が成績良いです。
    これからの季節、遮光もかねて二重に張ってみようかな?

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ