3/26の投稿で紹介した年越しレジナのミニミニ挿し芽が、うまく発根してくれました

レジナの挿し芽

改めて26日の画像と見比べると、結構育ってますね〜。
ほんとミニトマトは丈夫で驚きます。

ちなみに、レジナ収穫直前の様子は昨年7月に投稿していますので、レジナの成長具合が気になる方は、トマトカテゴリの一番古いあたりをご覧ください。

ロックウール内で発根した根は、既にロックウールを突き抜けてます。


レジナの根

細かな根が発達して、綿毛のようになってますね。

このまま大きなロックウールに植え替え…と思ったんですが、ロックウールブロックが在庫切れ

水耕栽培のレジナバーミキュライトとペットボトルでミニパッシブ水耕にしようかな…

ココで言うパッシブ水耕は、動力等の手間をかけない、という意味で、営農で行われている本物の?パッシブ水耕とは全く方式が違いますので、その点に関する突っ込みは不可(笑)

というわけで、昨年からミニパッシブ水耕で栽培しているのが、この挿し芽を採った年越しレジナ(←画像)

縦のペットボトル部分ではバーミキュライトが毛管現象で吸い上げた養分&隙間の空気を利用。

下部の養液が入った横向きペットボトルでは、根を伸ばして直接養液を吸い上げています。

こちらは、もう花が咲いているので、他のトマト(フルティカ)よりも一足先に収穫できそうな予感。
レジナの花

タグ:
 

5 Responses to 矮性ミニトマト レジナ 挿し芽活着

  1. Zairych より:

    はじめまして。レジナについて調べていてここにたどり着きました。愛知県の「暖地」在住です。

    私もベランダ菜園を今年から始めたくちです(実は永田農法を試しています)。今育てているのは、ブロッコリー(スティックセニョール)、レジナ、そしてギョウジャニンニクです。

    レジナは最近芽が出たばかりなので、どうなるか楽しみです。

    雨避けなどいろいろとお聞きしたいことがありますので、今後ともよろしくお願いします。

  2. Verander Talos より:

    >>Zairych さん
    はじめまして!こちらこそよろしくお願いします。

    レジナは作るのをやめてしまったので、あまり力になれないかもしれません。
    我が家のベランダには軒があるので、雨よけは基本的に無しなんです(苦笑)

  3. Zairych より:

    >Verander Talosさん
    ご返事ありがとうございます。

    我が家にも軒はありますが、今後の梅雨が心配なので、その点ご教示のほどお願いします。

    あと、防虫対策について関心を持っております。ブロッコリーは何とか持っていますが、ギョウジャニンニク(元は山野の植物)は暖地のせいか、予想以上に虫に弱いことが分かったので網戸越しの窓際で育てています。また、成長が遅いため収穫は数年後になりそうです…。

    レジナは何とか発芽したので移植は本葉待ちです。

  4. Verander Talos より:

    >>Zairychさん
    我が家では梅雨時でも雨よけせずに放置ですし、防虫についても、防虫用不織布で覆うくらいで、虫が多いようだと、早々に諦めて撤収します。
    というようないい加減な方針で栽培してますので、問題解決には、もっと専門的なサイトをご覧になると良いかと思います(苦笑)

  5. Zairych より:

    >Verander Talos さん
    >>専門的なサイト
    調べてもなかなか無いですねー。せめてベランダでの掛け方くらい画像で表示してくれるところがあってもいいものですが(畑やプランターに直接付ける画像はあるのですが)…。

    というわけで、専門的ではないとはおっしゃますが、まずはVerander Talos さんの方法をお聞きしたいのです。1.8×3mのネットを買ってありますので、こういう場合は針金とかで支えを作ったほうがいいのか、それとも上から垂らすのかだけでもご教示お願いします。

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ