不織布ドームの中で休眠予定が、氷点下をものともせず、とぐろを巻いた状態で成長を続けるつるナシスナップエンドウ。

ついにこんな物が!
IMG_8431_snap.jpg

実ヽ(°▽、°)ノ
こんなのが2個ありました。

外に出すと枯れそうなので、不織布ドームの中で支柱も無し、ぐるぐる巻き状態なんだけど、もうこの栽培方法もアリにしちゃおうかと思えるほどの生命力^^;
これってやっぱり水耕パワー?

もしかして、ビニール温室だったらもう満開だったかも!?

何はともあれ、食べられるほどの大きさに成長してくれる事を祈って、生暖かく(笑)見守りたいと思います。

タグ:
 

2 Responses to 水耕スナップエンドウ その後

  1. すぅ より:

    すごい!!冬にえんどう豆が!!大きくなるといいですね^^
    ちなみに不繊布の外の温度は何度くらいですか?
    うちの水菜も簡易温室に入れているのと入れてないのがあるのですが、やっぱり様子が違いますねぇ。ミニトマトは温室に入れてもだめでしたけどw
    これをみると、やっぱり温室ってないよりあったほうがよかったんだな、っていうのがわかりました。来年の冬はもっと管理の仕方を考えないと!!

  2. Talos より:

    >>すぅさん
    不織布の外=ベランダの気温は、最低-1〜0℃、日中は日向なので15℃程度にはなっているかな?
    ここらの天気予報では最高気温10℃程度です。
    ミニトマトは、11月頃に撤収する際、調子の良さそうな枝を室内窓際で水耕容器に挿しておいたら、先日2個だけど収穫できました(笑)
    季節を無視した栽培も農閑期?には楽しいものです♪

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ