採種用に完熟待ちだった大きな”あじめこしょう”の先端が赤くなってきました。

撮影失敗ながらも綺麗な赤

撮影失敗ながらも綺麗な赤

あじめはこんなとこから赤くなるんですねえ。

 

花が咲いた頃は、他に交雑しそうな野菜が無かったので、採種用には最適な実。

この立派なあじめこしょうから採ったタネで、来年も実生あじめに挑戦しようと思っています。

 

 

このあじめこしょうは、スマートバルブ内臓のスマートポットという水耕栽培装置で栽培しています。

鉢自体が養液タンクも兼ねているという、なかなか面白い構造のスマートポット、今回は内部までじっくりと紹介してみましょう。

 

先ずは空っぽの状態から。

スマートポット

スマートポット

 二重鉢になっていて、養液が5リットルくらい?(未確認)溜まります。

 

中を覗いてみると…

中はこんな感じ 手前の穴は給水口

中はこんな感じ 手前の穴は給水口

一段下がった部分に、ロックウール綿等吸水性の高い素材を詰めて平らにしてから、パーライトとバーミキュライトの混合培地を充填します。

我が家では、培地と給水素材が混ざってしまうのを防ぐために、防根透水シートで作ったポットに培地を入れてこの中におさめています。

 

インナーポットを外してみると…

インナーポットを外してみると…

このスリットから養液を吸い上げます。

 

底にはスマートバルブが…

底にはスマートバルブが…

このスマートバルブが二重鉢になった養液タンクと繋がっており、底から3cmまで養液を供給してくれます。

減った分を補給するのではなく、養液がほぼ完全に無くなってから、また3cmまで供給します。

根腐れがおきにくく、古いバランスの崩れた養液が残らないスグレモノです。

 

こういう底面から吸い上げるタイプは、培地に凝縮された肥料成分が残ると言われていますが、2シーズン使ってみた感じでは特に不具合はありません。

時々豪雨に晒されているので、ちょうど良い具合に洗い流されてるのかもしれません^^;

雨水が入っても、バルブのおかげで養液タンク側には侵入しないので、インナーポットを抜いて雨水を捨てるだけでOKです。

 

非常にお手軽で成績も良い養液栽培装置なんですが、入手ルートが限られてるし、お値段もねぇ…

 

 

0 Responses to スマートポットで "あじめこしょう"の水耕栽培

  1. katteni より:

    電気不要のこんないいものが、小団旗3枚で買えるなんて…。下手したら手間も入れたら、自作の方が高くつくかも。ま、趣味だからいいか。
    「あじめこしょう」「採種」「外国ものの水耕栽培装置」相変わらず、かっこ良過ぎです。
    自分の場合だと、「レタス」「育苗」「ぶくぶくスチロール」となり、かっこ悪すぎ。かっこよい大人になりたい。
    あ、かっこよいブログに変なコメント、失礼しました。

  2. Verander Talos より:

    @katteni さん
    見てくれと収まりの良さが既製品の魅力ですねえ。
    このバルブを使うと自作の栽培装置も簡単に作れるので、単体で沢山欲しいんですが、バルブ単体+送料でオークションのスマートポット新古品より高くなるという、わけのわからない状況を何とかして欲しいものです^^;

    個人的には「採種」より「育苗」の方がかっこ良いと思うけどなあ(笑)
    ちなみに、我がベランダ菜園は、ペットボトルやトレイが散乱していて、よそ様にはけっしてお見せできないかっこ悪さです(´・ω・`)

  3. katteni より:

    んー、水位ゼロになったら「カチャン」と入って、3cmになるまで保持すればいいんですよねー。しらふのときに考えます。
    電気を使えれば、簡単なんですけどね。

  4. Verander Talos より:

    @katteni さん
    動力要らずというのがポイント高いんですよね。
    パーツをひとつ外すと水位をキープする、貯水タンクのフロートバルブと同じ補給方法になったりもします。
    こんな簡単な仕組みで、複雑な動きを実現する方法を発明した人って凄いです。
    私はソレを利用してしょうも無い栽培装置モドキをでっち上げるだけ(笑)

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ