神楽南蛮の苗を、直径25cm程度の自作不織布プランター+培養土()に定植しました。

以前にも紹介しましたが、この苗は2006年モノの神楽南蛮から採種したタネの中で、唯一発芽してくれたモノです。 

 

前回投稿した5月21日の様子。

ジフィーセブンで育苗中の神楽南蛮

ジフィーセブンで育苗中の神楽南蛮

 

そして定植翌日の様子。

不織布プランターに定植した神楽南蛮

不織布プランターに定植した神楽南蛮

また懲りずに2株仕立てで植え付けてます^^;

 

上から見ると結構順調に見えますが、実はスペースの都合で日当たりが悪くて、かなりの徒長苗になってしまいました┐(´ー`)┌

横から見てみると…

徒長気味の神楽南蛮

徒長気味の神楽南蛮

ヒョロヒョロです^^;

 

この後、仮支柱を立てて誘引しておいたので何とかなるでしょう。

ベランダの目隠しがあるので、引き続き日当たりは悪いんですけどね…

 

右から伸びてきてるチューブは自動水やり装置に繋がっています。

パナソニック製のコレ↓

電源は単1電池で、1日2回までタイマー給水可能。

我が家では毎朝6時にアスパラやアイスプラント、雲南百薬など5箇所に給水してくれています。

 

水タンクが大きいので、外泊が多い留守がちな方にはオススメですよ~

もちろん、私のように水やりを忘れがちな人にもピッタリです(苦笑)

 

0 Responses to 神楽南蛮 自作の不織布プランターに定植

  1. katteni より:

    「神楽南蛮」?、調べて見ると、唐辛子だったのですね、しかも中越震災の影響で絶滅が危惧されているとか…。いつもながらの、渋いセレクションに、敬服しっぱなしです。激辛なのでしょうね。

  2. Verander Talos より:

    @katteni さん
    もともとハバネロから唐辛子に興味を持って家庭菜園を始めた経緯もあって、唐辛子系は激辛から甘とうまで、イロイロと手を出してますね~
    今はネットで入手出来る品種が多くなってますが、当時は産地まで出向いて生唐辛子をゲットしたりもしてました。
    この神楽南蛮も、私以上に唐辛子好きな方が震災前に現地に出向いて仕入れてきた生唐辛子を分けていただいたモノです。

    でも、いろいろな唐辛子を栽培した事がある割には、王道の「鷹の爪」を栽培したことが無かったりして(笑)

    あ、神楽南蛮は激辛品種ではなく、大きく肉厚な上に適度な辛さで使いやすい唐辛子ですよ。

  3. katteni より:

    なるほど、家庭菜園にも「こだわり」「趣向」といったものがありますよね。僕もそのうちなにか、こだわれる作物を見つけたいと思いま~す。(おやじのくせに急に軽くなる=気持ち悪い)

  4. Verander Talos より:

    @katteni さん
    「こだわり」ですか…
    私の場合、「ブログのネタに…」と、変わったもの栽培しただけの話かもしれませんよ(笑)

    しかも、おやじレベルでは負けてないと思いま~す(てへ)

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ