やはり最初の投稿はペットボトル栽培でしょう。

と言う事で…

 

ペットボトル+培養土というペットボトル栽培で、培養土に直播きして栽培中の空芯菜です。

徒長気味ながらも順調な空芯菜

徒長気味ながらも順調な空芯菜

このペットボトル栽培、ちょっと色々と混ざったハイブリッドになってまして、容器自体はペットボトル水耕栽培の容器になっています。

 

ペットボトル+培養土栽培の空芯菜

ペットボトル+培養土栽培の空芯菜

普通はここに砂やハイドロコーン、軽石、バーミキュライト+パーライト、パミスサンド、などなどお好みの培地を充填して、タネを播くなり苗を定植するなりするわけですが…

今回は勢い余って市販の培養土を使ってしまったので、養液層にはただの水、もしくは極薄い液肥が入ります。

 

なので、ペットボトル水耕栽培ではなく、ただのペットボトル栽培。

まあ、こだわってるのは私だけという話なんですけどね(苦笑)

 

あ、培養土を入れた状態で水耕栽培用の養液を標準濃度で使うのは多分オススメ出来ません。

根拠はありませんが、多分悪い結果が出ます。

水耕栽培の培地は無肥料で、出来れば熱処理済みのモノがオススメです。

 

ペットボトル栽培といえば、先日培養土にブスっと挿しておいたバジル。

うまく発根してくれたようで、成長を始めています。

培養土に直接挿したバジルの挿し芽栽培

培養土に直接挿したバジルの挿し芽栽培

ペットボトルプランターが900mlタイプなので、こまめに収穫して小さく維持しなくちゃいけませんね。

 

トマト系パスタのトッピングにフレッシュバジルを数枚…( ̄¬ ̄)

コレは自身を持ってオススメしちゃいます。

 

タグ:
 

6 Responses to ペットボトル栽培 空芯菜&スイートバジル

  1. M.Ishii より:

    はじめまして、M.Ishiiです。

    こちらの記事、興味深く拝見させて頂きました。

    現在、私もペットボトル栽培でバジルをはじめ、
    様々な花や野菜を育てています。

    もしよろしければ、私のブログにも遊びにいらして下さい。

    また、これから空芯菜を育てようと思っていますので、
    今後もこちらの記事を参考にしたいと思っています。

    それでは、応援ポチッ!!

  2. Verander Talos より:

    @M.Ishii さん
    コメントありがとうございます。
    M.Ishiiさんのブログはブログ村の更新一覧から時々拝見させていただいております。
    ペットボトルを使った栽培はアレンジが色々あって面白いですね。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    ただ、最後の一行については、今後ご遠慮いただければ幸いです。

  3. まっく より:

    素敵なブログタイトルになりましたね♪
    はじめは新しいブログパーツでも紹介されるのかと思っちゃいました^^;
    早速私のブログのリンク更新しておきます。
    今後ともよろしくでございます^^

  4. Verander Talos より:

    @まっく さん
    リンク修正ありがとうございま~す。
    新しいブログパーツ?? なんのことだろう^^;
    何はともあれ、今後ともよろしくお願いします!

  5. 忍者 より:

    本日、リンク変更しました。
    宜しくお願いします。

  6. Verander Talos より:

    @忍者さん
    リンク変更ありがとうございます。
    毎度お手数をおかけしております(汗)
    石窯良い感じになってますね~( ̄¬ ̄)
    今後ともよろしくお願いします。

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ