素人の(根拠の無い)厳しい選別眼によってベランダデビューから脱落し、植物育成用蛍光灯の棚に置き去りにされたダメな子ちゃんが、蛍光灯の明かりだけで枝葉を増やして開花までこぎつけ、受粉奴隷の手を借りてついに結実ヽ( ´ ∇ ` )ノ

数日でノーマルサイズのシシトウを超える実に育ちました。

ジャンボししとう ただいま6cm

ジャンボししとう ただいま6cm

蛍光灯でも意外と育つものですね~

 

側面から全体を見るとこんな感じになってます。

蛍光灯栽培のジャンボししとう

蛍光灯栽培のジャンボししとう

このカップ焼そば容器に標準濃度のハイポニカを投入して栽培しています。

 

思わせぶりに二重になってますが、あまった容器を重ねているだけです(苦笑)

 

それどころか…

セルトレイで育苗して、精鋭部隊がベランダデビューした後に残った子なので…

 

株元はこんな事になってます(-_-;)

実は未だにセル苗なジャンボししとう

実は未だにセル苗なジャンボししとう

培地の容量はタネ播き時と変わらぬセル1つ分だけ。

ストローは支柱と転倒防止のつっかえ棒。

 

野菜愛護団体とかあったら訴えられそうな状況です^^;

 

全体を上から見ると…

セルひとつで成長を続けるジャンボししとう

セルひとつで成長を続けるジャンボししとう

上向きに生ってる実が…

 

続々と開花しているので綿棒で受粉作業をしてますが、蛍光灯の高さ的に、これが限界のサイズなので、現在結実中の数個を収穫出来たら撤収する事になります( ;∀;)

 

それにしても、こんな状態でココまで育ってしまうのは、やはり天候に左右されない植物育成用蛍光灯と水耕栽培専用肥料の成せる業なんでしょうか…

実はベランダでお日様の光を浴びている精鋭部隊には、まだこんな大きな実はついていません(´・ω・`)

 

ちなみに、我が家の植物育成用蛍光灯の棚では、

←コレを3本、コレに→ セットして使っています(水槽除く)

 

タグ:
 

Comments are closed.

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ