満点(自己採点)の出来に浮かれていた水耕ミニチンゲンサイですが、明朝の収穫予定を前に最終点検をしたところ、葉裏に妙なツブツブが…

IMG_6231_tamago1.jpg

うーん、よく見えない。

 

 

容器を近くに持ってきて上からのぞいてみると…


IMG_6232_tamago2.jpg

卵!!(#^ω^)ビキビキ

 

慌てて透明荷造りテープを裏返して丸めたモノを指にセットして、テデトール発動。

数え切れないほど(やや誇張)の卵を駆除して、即収穫。

舐めるように点検した後でガッツリ水洗い→ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

 

またしても収穫予定日直前にやられましたね。

前回はハダニ、今回のコレは…

 

困った時のgoogle頼み、早速検索開始〜

 

多分アオムシの卵と見当はつけたものの、アオムシって何の幼虫だっけ?という基本的なことでつまづく事数分。

 

検索キーワードは…「アオムシの卵


これ、ありそうであまり検索に掛からないです。

何故なら、卵から孵るとアオムシですが、アオムシは卵を産まないから(笑)

 

 

そんなこんなで画像の卵はモンシロチョウの卵と判明。

交尾の終わったメスはキャベツなどのアブラナ科植物にやって来て、葉の裏で腹部を曲げ、1個ずつ産卵する。卵は黄色で、長さ1mmほどのびんのような形をしている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アブラナ科…チンゲンサイはアブラナ科…ビンゴですね。

ああ、あちこちかゆい…(エセ害虫アレルギー)

9 Responses to 招かれざる客

  1. さと より:

    ありました!うちにも!!前回収穫したのと、今の二十日大根の葉の裏側に、そりゃ〜たーくさん!
    手で取って取って取りまくりました!が!今の二十日に卵が残っていたのでしょうね、葉っぱがかなりやられちゃって、アオムシ(かなり小さいです)2匹を駆除しました(T_T)

  2. Talos より:

    >>さとさん
    産卵から一週間くらいで孵化するようなので、4,5日おきには葉裏の点検が必要ですね〜。
    この先は簡易温室内のハモグリと戦わなければ…

  3. NAO より:

    虫たちとの闘いはエンドレスですね。彼らも子孫繁栄の為に必死です。
    なにもうちに来なくていいのにって思うけどそこに青梗菜があるからしょうがない。
    モンシロチョウの卵は見つけやすいので毎日のチェックで乗り切りましょう!

  4. Talos より:

    >>NAOさん
    はい、早速今朝もコスレタスについたハモグリ&オンシツコナジラミ少々とご対面してきました。
    せっかくの自家栽培新鮮野菜も、虫退治に慣れるまでは食欲失せますね(泣)

  5. gardener より:

    ベランダ菜園始めた当初は蝶が立ち寄るベランダになればいいなぁ
    なんて思っていましたが、今は害虫としか思っていません。
    ここまで価値観が変わるとは。。。

  6. Talos より:

    >>gardenerさん
    以下同文って感じです(笑)
    ハエや蛾は嫌いで当たり前なんだろうけど、蝶まで嫌いになるとは思わなかった…
    来年はベランダ全体を0.6m目合いの防虫ネットで覆ってしまうかも^^;

  7. すぅ より:

    私も今年の夏、二十日大根とチンゲン菜はこの卵と青虫との戦いでしたねww
    最近はもう寒くなったので見かけなくなりました。その代わりにカメムシがたまに飛んでくるんです^^;

  8. Talos より:

    >>すぅさん
    害虫との試合は放棄して殆どの野菜を手作りの不織布ドーム内で栽培してるんですが、実験栽培だし…なんて放置してたら、危うくダメにするところでした^^;

  9. なみ より:

    ありました。きのうはひとつも無かったのに幾つも幾つも黄色い感じにポツポツといっぱい。週末にでも収穫しようと思っている雪小町(二十日大根)にハモグリバエ対策にオルトランを撒いてはあるのですが、いざ目の前にするとゾッとしました。蝶、そういえば飛んでたなぁ。一つ一つ手で取りました。気持ち悪かった!!

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ