ペットボトルを使った水耕栽培や培養土栽培に適したペットボトルとして、今まではボトルの硬さから、2リットルのアクエリアスを推奨していましたが、本日より、推奨品をキリンビバレッジの潤る茶(うるるちゃ)2リットルに変更します^^;

 

水耕、土耕にかかわらず、ペットボトルをカットする位置は、ここがオススメ。

この位置でペットボトルをカットします

この位置でペットボトルをカットします

視認性の都合で、またまたHDR合成ソフトの体験版を使ってるので、ロゴ入り画像に…

この位置でカットした上部分を逆さにしてペットボトルにはめると、ペットボトルの凹凸がこの使い方を想定していたかのように、ピッタリはまってくれます。

給水紐を使ったペットボトル水耕栽培バージョン

給水紐を使ったペットボトル水耕栽培バージョン


飲み口を底まで落とし込んだ培養土栽培バージョン

飲み口を底まで落とし込んだ培養土栽培バージョン

下まで落とし込む場合は、後述の切込みを2箇所ほど淵まで切るように入れておくとスムースに重なります。

 

いずれの場合も、飲み口部分の漏斗状の部分にカッターナイフ等で縦に切り込みを入れておくと、通気性、通水性がUPして良いかと思います↓

放射状に切り込みを入れた飲み口部分

放射状に切り込みを入れた飲み口部分

切り込みは淵の部分を残して強度を確保しています。

このスリットを少しだけ広げたい場合は、ライターでスリット部分を軽くあぶると綺麗に広がります。

以前も紹介しましたが、景気欲良く炙り過ぎると大穴になるので要注意(経験者談)

 

そうそう、断面が正方形に近いペットボトルが良いなあ、と思って、同じような段が付いたボトルに入ったアルカリイオン水も買ってみたんですが、胴体部分で切ると飲み口部分が中まで入らないので、こちらはオススメできません。

中身は水だし、安くて良いんですけどね(´・ω・`)

 

今回はボトルの形状についてしか触れておりませんが、過去ログには作り方から栽培記録まで、沢山のペットボトル関連投稿がありますので、ペットボトル栽培についてもっと詳しく知りたい方は、タグなどからペットボトル栽培の関連記事をご覧下さい。

 

Comments are closed.

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ