ペットボトル水耕栽培 かきとり収穫適期のチマサンチュ

ペットボトル水耕栽培 かきとり収穫適期のチマサンチュ

ちょっと葉色が薄く写ってしまいましたが、実物はもっと良い緑色してますヽ( ´ ∇ ` )ノ

 

というわけで、ネタに困ると登場するチマサンチュです。

 

サンチュは本当に水耕栽培向きで、虫さえ付かなければ一年中収穫間違いなし、というくらい安定してますね。

昨年は40℃を越す真夏のベランダでもOKだったし、冬越しの栽培も順調でした。

 

これから水耕栽培をはじめてみようという方にも、チマサンチュはオススメの野菜です。 

チマサンチュのペットボトル水耕栽培

チマサンチュのペットボトル水耕栽培

遮光に巻いたアルミホイルが雑…(苦笑)

栽培方法は培地に椰子の実チップのベラボンを使った点以外は、オーソドックスなペットボトル水耕栽培です。

 

市販の小カブサイズになってきた三ツ矢コカブ

市販の小カブサイズになってきた三ツ矢コカブ

そして、何度か登場している三ツ矢サイダーのおまけコカブ。

やっとスーパーで売られている小さめのコカブサイズになってきました( ̄¬ ̄)

こちらも培地にベラボンを使ってますが、直播きではなく、サイダーに付属のジフィーセブンに播種後、本葉が出たあたりでジフィーごとベラボンに定植しています。

 

 妙なクリップが写ってますが、前回の投稿の後、カブの白さをキープすべく、アルミ蒸着プチプチシートで遮光しています。

クリップはチラ見用の切り込みをふさぐ役目ね^^;

 

こちらは比較的綺麗に遮光出来てます。

使っているのは100円ショップやホームセンターで、台所補修用などとして売られているアルミ製の幅広テープです。

ちょっとコストはかかりますが、勝手にくっついてくれる簡単さは魅力ですね。

 

当ブログでは、ペットボトル水耕栽培に何度も葉物栽培をオススメしていますが、シーズンを通しての害虫対策が前提になっています。

我が家のせまーいベランダでは、大掛かりなハウスは置けないので、市販の園芸用不織布を使い、こんな幌馬車のようなドーム内にペットボトルを入れています。

不織布はパオパオ90 ホームセンターの園芸コーナーで入手

不織布はパオパオ90 ホームセンターの園芸コーナーで入手

※この画像は2005年9月に投稿したもので、ドーム内では水菜をトレイ水耕で栽培しています。

こんな感じの不織布ドームにペットボトルごといれておけば、殆どの害虫はシャットアウトできます。

骨組みは園芸用の太い針金で、骨組みや不織布の接着にはホットボンドを使っています。


 

そうそう、覗き見するときに虫を入れちゃうと、悲惨な事になるのでご注意を^^;

特に夕方ドームをあけるのはオススメできません(体験者談)

 

0 Responses to ペットボトル水耕栽培のススメ チマサンチュ&三ツ矢サイダーおまけコカブ

  1. まっく より:

    どうもはじめまして。
    こちらのペットボトル水耕栽培は室内でも栽培可能でしょうか?
    1日2〜3時間の陽があたる場所でやってみたいです^^

  2. amaliae より:

    チマサンチュは私もペットボトルで大成功でした。図に乗り過ぎて今ではサンチュだらけになって…。意外と失敗だったのはレタスやサラダ菜。お茶パック方式ならOKなのに、ペットボトルだと置く場所により水温の変化で失敗するみたい。
    >まっくさん、私は昨年バジルで初めて成功しました。窓辺に置いても大丈夫でした。冬越しして挿し木で増やしたクローンバジルが2代目でトマトの隣でがんばっています!
    >Talosさん、遂に注文してしまいました、ルートラップシート…(^_^;。

  3. Verander Talos より:

    @まっく さん
    はじめまして、コメントありがとうございま~す。
    室内栽培は、野菜のお日様要求量によりますね。
    2、3時間でも直射日光があれば、大抵はワッサワサにならないだけで、それなりに育ってくれると思います。
    ただ、環境のデメリットを少しでも減らす意味で、お試し栽培でも肥料だけは水耕栽培専用のものをオススメします。
    ではでは、室内水耕栽培楽しんでくださいね^^/

  4. Verander Talos より:

    @amaliae さん
    暑さに弱いレタスやサラダ菜は季節によって難しくなりますね。
    サンチュは採れ過ぎて余りそうだと、炒め物に放り込んでしまいます。
    すると、今度は何処に行ったかと思うほど嵩が減って後悔します(苦笑)

    ルートラップシートかっちゃいましたかー。
    忍者さんと同じハセガワさんからかな?
    私は厚さ0.1mmの防根透水シートと2mmの給水シートのロールが欲しいんですが、高くてポチる寸前で思いとどまってます(笑)
    100m単位なのがねー(´・ω・`)

  5. ユンイ より:

    あっ、まっくさん発見!…それは置いといて…

    私もハセガワさんでルートラップシート購入しましたが、最小単位は10mで販売していただけましたよ。ちゃんと紙の芯に巻いて届きました。問い合わせたら対応していただけるような気がします。

  6. Verander Talos より:

    @ユンイ さん
    私が狙ってるのは東洋紡のシートなんですよね~。
    遮根出来る白いルートラップもどきは持ってるんで、困ってるわけじゃないんですが、とりあえず0.1mmの薄いのを使ってみたい欲がムクムクと(汗)

    とりあえず入手して、このブログで切り売りでもしましょうかね(笑)

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ