長雨の間中、雨ざらしになっていたハイドロパックキットのトマトベリーガーデンとバジル。

今日は雨が上がったので、ハイドロパック内の雨水を灯油ポンプで吸出して、新しい養液が補充されるように仕向けておきました。

トマトベリーガーデンとバジルの俯瞰図

トマトベリーガーデンとバジルの俯瞰図

なんだかよくわかりませんか(苦笑)

ベランダが狭くて、横から全体像を撮れないんですよね…

 

とりあえず、左のスイートバジルの様子を…

ちょっと葉色が薄いかも…

ちょっと葉色が薄いかも…

このあと、痛んだ葉と負けている株を中心に、少し間引きしました。

雨水であふれていたので、養液が入れ替わればもう少し良い色になるかな?

 

トマトベリーガーデンの方は、二段目にソレらしい形の実が出来始めました。

主枝二段目の果房

トマトベリーガーデン 主枝2段目の果房

ピントはいってませんが、左奥に可愛いイチゴ形のトマトが出来てますヽ( ´ ∇ ` )ノ

 

主枝1段目は20個くらい出来そうで、2段目は数え切れないダブル果房、3~4段目は蕾、腋芽Aは1段開花で2段目が蕾、腋芽Bは1段目の蕾が出来始めています。

2本仕立ての予定でしたが、結局2段目から出た腋芽Bの勢いに負けて、三本仕立てになりました。

場所取るなあ…┐(´ー`)┌ 

 

0 Responses to トマトベリーガーデンとスイートバジルの水耕栽培

  1. かつかぐ より:

    こんばんは、はじめまして!

    家庭菜園楽しいですよね♪
    以前やっていたのですが、今はやってません。
    何かまたやってみたくなりました(^^)

    また訪問させて頂きますね♪ポチっと

  2. ランドレス より:

    こんばんは。

    遅ればせながらリンク有り難うございます。
    以前から、こっそりリンクして水耕栽培の参考にさせて頂いておりました。

    AutoPot社のハイドロパックでのトマトとバジル順調そうですね。

    私も、そろそろガチ水耕栽培始めてみようと思ってます。
    本当はオーバーフロー方式とか、自動給水とかやりたいのですが、
    不器用なのでとりあえず、エアレーションから始めてみようと思ってます。

    では、コレからもちょくちょくお邪魔させて頂きます。

  3. Verander Talos より:

    @かつかぐ さん
    いらっしゃいませ~
    余り参考にならない素人園芸ブログですが、またお越し下さい。
    その際は是非「ポチっと」の意味を教えてください(笑)

  4. Verander Talos より:

    @ランドレス さん
    コメントありがとうございます。
    こちらでははじめまして、ですね。

    エアレーションを使った水気耕栽培は成績も良いし、資材の使いまわしも出来るので、1stチョイスには最適だと勝手に思っています。
    私の場合は、他の方式でも養液タンクにエアレーションしておく事が多いです。
    養液の腐敗防止のつもりですが、根拠は定かではありません(汗

    先日お邪魔した際に、コチラからもこっそりリンクしておりました^^;
    今後ともよろしくお願いします。

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ