先日、赤丸二十日大根を収穫して空っぽのペットボトル栽培容器。

早速次の住人が引っ越してまいりました。

 

9/30に播いた二十日大根「雪小町」の双葉が出揃ったので、早速一部をこの容器に移植。

前回はスポンジに根が入り込んで回収不能になったので、スポンジの再利用が可能なように、スポンジをビニール袋でパックしてみました。

 

スポンジの間に不織布を挟んで、根が伸びるまで養液を吸い上げてもらいます。

IMG_4729_yukikomachi_1.jpg

次に、怪しい種播き袋(後日登場予定)で発芽した、雪小町の子苗を取り出します。


IMG_4731_yukikomachi_2.jpg

良い感じにロックウールから根が出てますね。

※この園芸用ロックウール(岩綿)は、世間を騒がせているアスベストとは、繊維の太さ、原料から製造工程まで全て違う別物です。

 

この子苗をスポンジと不織布で挟んで、スポンジごと容器に押し込めば、定植完了。

IMG_4733_yukikomachi_3.jpg

ちょっと雪小町の顔色が悪い気がしますが、あとは不織布シートで覆って放置です。

 

雪小町は縦に長くなる二十日大根なので、途中から養液は控えめで、根が太ってきたらスポンジをちょっとづつ上にずらして水に浸るのを避ける作戦?です。

スポンジに十字の切れ込みを入れてないのが気がかりですが、これで収穫までこぎつけたら、細長〜い容器で大量に、そして同じ容器で連作障害を気にせず何度も栽培することも可能ですね( ̄ー ̄)

 

<<10/9追記>>

徒長が進んでいたので、全体を底に押し込めて土寄せに似た状態に^^;

&上から見えている隙間に、根の遮光と土寄せ代わりに、スポンジの切れ端を詰めました。

 

タグ:
 

2 Responses to 二十日大根 雪小町の移植

  1. たかすぃ より:

    また新しいスポンジの使い方を勉強できた気がします。週末は100均に行って色々探してみないとっ!

  2. Talos より:

    >>たかすぃさん
    それは多分気がするだけで、勉強にはなっていないと思います(笑)
    素材系は100均が割高なモノが多いので、ホームセンター等と比較して購入をお勧めします。
    ボトルアクアに使った瓶も、100円ショップで買ったんですが、ホームセンターで同じものが68円で売ってたり…

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ