さて、今日はタネからペットボトル水耕栽培中だった九条葉ネギのお話です。

同時期に始めた20日わけぎはギブアップしてましたが、こちらは小さな葱坊主と戦いつつ、まだまだ収穫&再生中。

 

先ずは昨年8月末、発芽から3~4日後の様子。

2008年8月29日 九条ネギの子葉

2008年8月29日 九条ネギの子葉

 

収穫のために丸刈りにしてみると…

培地が見えません(-_-;)

培地が見えません(-_-;)

こりゃ近いうちにわけぎと同じ末路を辿るだろう、ということで、試しにペットボトルを抜いて根元をチェック…

 

なんということでしょう!?

なんということでしょう!?

え?どこかで見た気がするって?

デジャヴですよ、デジャヴ( ´ー`)

 

キャップ部分を切り離して、ペットボトルから取り出してみると…

綺麗な根っこ

綺麗な根っこ

見事な根鉢^^;

培地はハイドロコーンとピートモスの混合培地です。

 

渾身の力で株分けに挑むも、分かれるときに反動で培地が飛び散り、部屋中培地まみれ(#^ω^)ビキビキ

掃除機片手に(無理)、やっとのことでいくつかに分けてみました。

どうやって収まっていたのやら…

どうやって収まっていたのやら…

この状態になってから、葉ネギの株分けについてGoogle先生に教えを請うてみましたが…

葉っぱ部分がなくなった状態で株分け&干しネギにしてるシーンは皆無(汗)

しかも7月ごろ掘り起こして1ヶ月ほど干す、というのが定説な模様。

 

まだ4月…

 

一部は水きりネットに入れて陰干ししてみて、残りはスーパーのネギ再生の如く、このままどこかに植えつけてみます^^;

 

しかしなあ、何事も調べてからやろうよ、自分…┐(´ー`)┌

 

というわけで、わけぎに続いて葉ネギの株分け&干しネギ作り!?の巻、をお送りいたしました。

なんとなくタイトルと違う気もしますが気にしない方向で。

 

Comments are closed.

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ