たいそうなタイトルを付けてみましたが、今年の秋野菜栽培でデビューしたペットボトル栽培容器です。

 

つい先日までは「バジルの挿し芽、水耕栽培」に追記した様な、一本のペットボトルをカットして使っていましたが、この秋からは安定感UPと養液容量UP、それに水位計と給水口を兼ねたパイプをセットした、この容器を使います。

IMG_3076_hydro_pet.jpg

手持ちの資材で作ってるので、所々に見えるリラックマなテープなんかは見えない事にしてください(笑)

 

画像の様な2cm程度水を張った状態でも、縦の容器の最上部まで水が揚がります。

この容器をアルミホイルで包んで遮光し、縦の容器に培地となるバーミキュライトやパーライト、ハイドロ炭ボール等をイッパイに入れて、種をまきます。

 

ある程度の深さがあるので、ミニニンジンや二十日大根程度なら、根菜もいけるかも(出来ても数本ですが^^;)


黒っぽいパイプは、透水性の不織布をパイプ状に丸めたもので、ここから養液を補充します。

普段は、水位をチェックするために、スタイロフォームや発泡スチロールで作った浮き↓を入れます。

IMG_3079_uki.jpg

※成形前の荒削り状態。

 

下の画像は、この容器でいっせいに発芽した(しちゃった)ミニニンジン。

IMG_3054_minininjin.jpg

発芽率が余りよくないと聞いたので、適当にパラパラまいてみたら、こんなに発芽しちゃって…

 

2005 9/12追記

画像で使用している不織布は養液中でボロボロに溶ける事が、別の栽培容器で判明。

給水力が強くて便利だったんですが、代わりの(安い^^;)不織布を探さなくては…

 にんじn

タグ:
 

3 Responses to ペットボトル毛管水栽培装置2005年度秋モデル^^;

  1. お久ぁ〜
    お!すごぉ!
    発明家ですねぇ〜(@_@)
    びっくりです。題名にまけないくらいの出来ですねぇ〜
    こんなにいっぱい発芽したらあとでわけるのでしょうかねぇ〜
    その後もアップお願いしますねぇ〜
    楽しみぃ〜(^-^)/~

  2. たかすぃ より:

    なんかゴッツイ仕組みが出来上がりましたねぇ〜。自作って楽しいですよね♪

  3. Talos より:

    >>ホリホリえびろーさん&たかすぃさん
    システムのトラブルでコメント反映に問題が発生していました。
    対処しましたが投稿時刻がずれてしまいました、ごめんなさい。

    というわけで?、途中で枯れない限り、収穫までレポートすると思います^^;
    ちなみに、ペットボトルによる水耕栽培は、私の発明ではなく、結構メジャーな方法です。
    ちょっとアレンジして使いやすくしてるだけなので、大袈裟なタイトルに惑わされない様(笑)

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ