ギュウギュウになっていたジャンボししとうと青紫蘇のセル苗を、ロックウールとペットボトル水耕栽培容器に移植しました。

逆光で… 真ん中はシソ

逆光で… 真ん中はシソ

こちらは75mm角のロックウールポット精鋭部隊。

残り4株のジャンボししとうは、無理やり難癖をつけられてリストラになりました( ;∀;)

しばらくは随時人力でトレイに養液を入れて栽培しますが、将来的には大きな水耕栽培装置に定植予定です。

 

よく見えませんが、ジャンボししとうのブロックにはストローの仮支柱が刺さってます^^;

仮支柱の割り箸がカビる、とお嘆きの貴方(誰?)、ストロー仮支柱は如何ですか?

 

ペットボトル水耕容器には残りの青紫蘇を。

こちらは定植になりそう。

青紫蘇のペットボトル水耕栽培

青紫蘇のペットボトル水耕栽培

アルミホイルが美しくないのは仕様です。

根腐れ防止効果は謎ですが、スプラウト栽培に使ったゼオライトを少々投入してみました。
 

定植の手順は…

セルを1つに切り離す→セルトレイから苗を外す→セルの底に縦の切込みを入れる→短冊状にカットした不織布を仕込む→セルに苗を戻す→ペットボトルに仕込んだ底抜けのセルに、苗をセルごと押し込むく→突風で飛んでく

余り明るくない未来まで入ってますが、流れ的にはこんな↑感じです。

 

ペットボトル側面の緑色部分は水位計。

藻が生えないように色つきホースで作ってみたんだけど、これでも藻が生えます(´・ω・`)

ハイドロカルチャー用の水位計↓を、あいてるマスにスポンジで挟んで植える(?)のがオススメです。

水位計 ミディアムサイズの観葉植物用

 

タグ:
 

Comments are closed.

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ