今回はトマトベリーの定植メモ。

ハイドロパックはAutopot社の水耕栽培キット。
詳細は昨年春の「AutoPot社のハイドロパックでトマトとナスを…」あたりを参照。

 

既に一段目が3つ程開花しているので、ちょっと夜温が低めだけど定植作業を決行。

トマトベリーガーデン ハイドロパックに定植

トマトベリーガーデン ハイドロパックに定植

決行といっても、穴掘って根鉢ごと埋めるだけですが^^;

 

培地は昨年からの使いまわしな、パーライトとバーミキュライトの混合培地。

水洗いしただけなので連作障害が出る可能性が…

 

支柱への誘引にはコイツ↓が超オススメです。

ガーデンテープ15mm幅x10m巻

 

タグ:
 

0 Responses to 俺様用メモ トマトベリーガーデン、ハイドロパックに定植

  1. すぎすぎ より:

    こちらのフルティカ、まだまだです。
    本葉が1〜2枚出て来た所で・・・
    ずいぶん茎はしっかりしはじめていますけど。
    早く定植できるまでになりたいな〜

    というか、早く食べたいな〜♪

  2. Verander Talos より:

    @すぎすぎ さん
    私も数年はトマトをタネから栽培してみたんですが、去年から勝負が早い市販苗から栽培しています。
    夏野菜のくせに真夏の炎天下が苦手で、スタートが出遅れると実がなりにくいんですよね~
    まあ私の夏場の管理が悪いだけなんですが^^;
    フルティカはミニトマトの3倍くらいにはなるので、頑張ってくださいね~

  3. 葉っぱ より:

    これ、確か板橋区(東京)のゴーヤ商店街で使ってた物と同じだと思います。
    ゴーヤでは根が張りすぎて、下のトレイまであふれて大変だったので、もう少し大きいトレイが良いのでは?という話だったと思います。
    でも、あとで別々に撤収できるのって良いですね。

    それと、植えた物を埋め込むだけというのも、魅力!
    私の好きな土耕溶液栽培になります。(●^o^●)

    今年はもう少し水耕栽培を増やそうかと…

    トマトベリーガーデンも気になります。
    昨年5種類のミニトマトを栽培してから、売っている物もいろいろ試したりして・・・
    今年の我が家はアイコの黄色と赤だと思いますが、収穫量、味、丈夫さなど気になります。
    また教えてくださいね。

  4. 葉っぱ より:

    土耕溶液・・・土耕養液です。

    変換間違い!困ったもんだ・・・すみません

  5. Verander Talos より:

    @葉っぱ さん
    一応標準で遮根シートが底に入ってるので、トマトやナスでは殆ど根が出ることは無かったですね~
    ゴーヤーやキュウリは根量が凄いので例外かもしれませんが^^;

    トマトベリーガーデンは予定外の衝動買いだったので、スペースの都合上4,5段で止めてしまうか、そこから腋芽を挿し木にしてリセットする予定です。
    なので収量等のデータは他の方をアテにしたほうが…(苦笑)
    味覚もジャンクだし┐(´ー`)┌

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ