狭いベランダの中でも離島化して余り寄り付かないエリアに、100円発泡スチロール箱を利用して自作した毛管式水耕栽培容器で栽培中の、スイスチャードミックスがあります。

 

昨年の秋からずっと、収穫されずに(-_-;)

 

栽培装置の詳細は⇒’08.11.11 毛管式水耕栽培容器を作ってみよう 

毛管水耕のスイスチャードミックス

毛管水耕のスイスチャードミックス

寒さにあたっていたせいか、外葉は小さく、若干縮れた様になってます。

寒締めホウレンソウみたいな感じ?

 

何度か水切れでシオシオになっちゃってますが、そのたびに養液補充であっさり復活。

真夏も真冬もOK!!

おまけに、あの憎たらしいハモグリ画伯が寄り付かない。

 まさに理想的な葉物野菜と言えそうですが、唯一にして最大の問題が…

特有のホウレンソウっぽい味が嫌い…┐(´ー`)┌

 

一方、お口に合う葉物野菜は、ことごとくハモグリ画伯の餌食になってしまうので…

こんな状態で栽培中(-_-;)

非常に可愛くない一画

非常に可愛くない一画

ここまでして栽培しなくても…

と、思わされる会心の一枚。

 

snap_61

LOVE SALAD -レタスの森通信-

LOVE SALAD -レタスの森通信-”のずーみんさんちのように、防虫可能な不織布で覆われたハウスを作ったほうが早そう…

 

←ベランダで綺麗な野菜大量生産中のずーみんさんち

 

ただなあ、我が家の場合、ダンナ工務店=俺様工務店だからなあ…

 

秋になったら頑張るよ!(`・ω・´)

 

0 Responses to スイスチャード・ミックスの毛管水耕栽培 冬越ししたけれど…

  1. amaliae より:

    ご無沙汰してます。いつもこっそり見ていました(^_^;。秋冬のペットボトル水耕はうまく
    いかなかったと書いたと思いますが、その後春になってペットボトルin発泡スチロールを
    巻いた不織布による毛管水耕仕様のサンチュがぐんぐん成長して現在葉盛り?トマトは流石
    にぶくぶくもinして成長してます!LOVE SALADさんちのハウス、私もうらやましいナと思
    って拝見してまふ(^_^;。私は使っていないスチールラックに、寒冷紗を貧乏臭く?洗濯
    ばさみで止めて使っています。今度はもっとペットボトル水耕に挑戦しまーす☆

  2. Verander Talos より:

    @amaliae さん
    浮き根式のペットボトル水耕、うまく育ってよかったですね~
    サンチュは真夏でも丈夫に育つので、これからもワサワサ収穫期待ですね。
    我が家もサンチュをペットボトルでやっていて、上の写真にも載ってるんですが、不織布帽子に隠れて、ドレが何やら判らなくなってます^^;
    とにかくハモグリがひどくて…
    これからはアブラーの襲撃にもあるし、虫対策は永遠の課題ですね(´・ω・`)

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ