稚魚育成やエビ関係に人気の、アマゾンフロッグビットという浮き草があります。

ット」?「ット」?なんて話もありますが、英語版googleで見てみると、「Amazon frogbit」が正解みたい。

 

というわけで、水槽の上から見るとこんな感じの浮き草です。

IMG_2231_AFB_0.jpg

葉の大きさは、大きいもので500円玉サイズ。

※10mm程度にしかならない、ドワーフアマゾンフロッグビットというのもあります。

 

放っておいても水中の養分を吸収して、凄い速度で増殖するので、水槽の富栄養化を防止する、という謳い文句で売られているケースも。

確かに、調子がいいとあっという間に水面を覆いつくします。

うちの巨大ミドリガメが好んで食べるので、増えすぎたら亀水槽にポイっ。

我が家的には好都合な水草ですね。


水中には長く伸びた根がたなびいています。

では水中から水面を見てみると…

IMG_2228_AFB.jpg

どうもある時を境に全く増えない所か、減り始めたと思ったら…

エビがある一定の割合を超えると、水草が食害に遭う典型ですね(汗)

 

タグ:
 

4 Responses to アマゾンフロッグビット

  1. エビが食べるのですかぁ?
    レッドチェリーくんは食べるんですね。
    我が家も売るほど増えて水中が暗くなって他の水草に影響が出始め、産卵ケースに取り分けてしまいました。でも下に伸びる根がとてもいい感じですよね〜
    エビちゃんもそこにぶら下がって休憩してますよ(^-^)

  2. Talos より:

    レッドチェリーも、ミナミも、ヤマトも大好物みたいですよ〜。
    いつの間にかボロボロになって消えちゃいます。
    ビー系は食害出るほど増えた事が無いので、アレですけど(苦笑)

  3. FAST より:

    我家でも水草を購入した時に、紛れてきた浮き草が、異常繁殖しています(^^;
    エビ水槽にアマゾンチドメグサを浮かしていますが、古い葉はエビが食べてくれてます。
    非常食になっていいのですが、あまり食べ過ぎるのも困り物ですね^^

  4. Talos より:

    数ミリの大きさで、やたらと増える小さな浮き草でアオウキクサってのがあります。
    エビと一緒に入ってきて、しばらく撲滅出来ずに苦労した忌まわしい記憶が…

    30cmキューブに数百匹のミナミ爆殖水槽があったんですが、ここに10株ほどドワーフアマゾンフロッグビットを入れたところ、数日で何もなくなりました(笑)

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ